若い力がクリエイティブをさらなる進化に導く「東京アドデザイナース」

share

グラフィック制作で積み重ねた実績をもとに、デジタル領域、動画領域の拡大を進める東京アドデザイナース。
2020年に創業60周年を迎えるにあたって、2018年を飛躍に向けた旗揚げの年と位置づけ、さまざまな挑戦に取り組む。

東京アドデザイナースの若手クリエイターの皆さん

クリエイターの活躍の場を広げるために現場から上がった声

東京アドデザイナースは今年で58年目を迎える、総合クリエイティブカンパニーだ。グラフィックを主体にさまざまな制作を行ってきた同社は、現在グラフィックデザインのさらなるクオリティ向上とデジタル、動画など新たな領域拡大のための「クリエイティブの成長・進化」を目標に掲げ、社内改革に取り組んでいる。

社員一人ひとりと向き合い、個々のスキル向上のため「クリエイティブチャレンジ」と題した新しい取り組みを実施。所属部門に関係なく参加できる動画制作のワークショップなどを行い、グラフィックにとどまらないクリエイティブ力を醸成してきた。

カゴメ 企業広告

資生堂「マキアージュ」SNS運用

同社の篠原茂樹社長は「社員一人ひとりと向き合ってみると、それぞれが持つ可能性や能力はまだまだ引き出せると感じました。クリエイティブチャレンジも、すぐに実戦の場で生かされています」と話す。また、部門の垣根を越えて交流することで、社内のコミュニケーション増加につながり、それぞれが持つ考えや知見を共有する機会にもなったという。

2018年からスタートするリブランディングプロジェクト「BRAND NEW」のきっかけもそこにある。

このプロジェクトを篠原社長に提案した同社 アートディレクターの久保和仁さんは、「東京アドデザイナースはグラフィックデザインを中心に57年もの間制作を手がけてきたので、当社を『アナログな制作会社』だと思っている人はまだいるかもしれません。でも実際には、Web制作や動画、イベントプロモーションの実績も豊富にあります。それが十分に認識されていないことは、課題のひとつでした」と話す。

久保さんは日々の仕事の中で、自社のクリエイターの力が、もっといろんな領域で発揮できるはずと感じていたという。

次ページ 「リブランディングによって、社内活性化を促進させる」へ続く



お問い合わせ
東京アドデザイナース
http://www.tokyoad.co.jp/

Follow Us