若い力がクリエイティブをさらなる進化に導く「東京アドデザイナース」

share

リブランディングによって、社内活性化を促進させる

この「BRAND NEW」プロジェクトでは、社外PR だけでなく、社内の活性化にも力を入れている。

「当社にはコピーライターとデザイナー合わせて約100 名が在籍しています。デジタルが発展しWeb制作や動画などが増えている中、グラフィックの力を発揮できる領域を広げていくことが会社の役割だと考えています。また、Webクリエイターやカメラマンにも新しいチャレンジを期待しており、それらが社内で掛け合わせになると、アイデアや企画もさらに広がるはず。当社の目指すクリエイティブの進化につながると考えています」と篠原社長は言う。

「BRAND NEW」プロジェクトの一環として、初めての試みが動き出している。それは「全社員からのアイデア公募」。社内で一人ひとりが持っているクリエイティブ活性化施策やビジネスアイデア・企画をしっかりとくみ上げることが狙いだ。

さらに、「社内での人材交流」を加速させている。グラフィック部門のディレクターをWeb制作部門と兼任にすることで、社内で他分野との交流が生まれる仕組みを促進している。久保さんもその一人で、アートディレクターとしてWebチームにも参加している。

「自分のアートディレクションが動画やWebサイトの仕事で生きることが多いし、Webチームからもらうシステム視点の意見で視野が広がり、非常に有効なんです」と久保さんは兼任の意義を語る。

リクルート住まいカンパニー「SUUMO」

JRA 「天皇賞」

若い力が新しい会社の将来をつくる

同社では、若い世代の積極的な起用も行っている。新卒採用で将来有望な人材の発掘はもちろん、伸び盛りの若手には早い段階からクライアントとの窓口を任せている。

「若手クリエイターが一番伸びるのが、責任ある仕事を任された時です。自分たちが提案する企画に対して、直接クライアントから反応が返ってくることで、プロのクリエイターとしての責任を感じ、成長するのだと思います」(篠原社長)。

また若手には各種広告賞への挑戦も奨励しており、昨年は「新聞広告クリエーティブコンテスト」に同社 コピーライターの平澤佳子さん、デザイナーの野田智菜実さん、フォトグラファーの北川礼生さんの3 名が取り組み、最優秀賞を獲得した。

同社が挑む「クリエイティブの成長・進化」は現場からの声も加わり、今後ますます具現化されていく予定だ。

三井ショッピングパーク ららぽーと

新聞広告クリエーティブコンテスト 最優秀賞受賞作品


お問い合わせ
東京アドデザイナース
http://www.tokyoad.co.jp/

Follow Us