小売・流通向け施策を強化フルファネルマーケティングが可能

share

レシピ動画を通じて、多くの企業のマーケティング活動を支援してきた「DELISH KITCHEN」は2017年12月、小売・流通向け対策の強化など、新たな方針を発表した。そのビジョンと具体的な施策について、エブリー「DELISH KITCHEN」の2人のキーパーソンに話を聞いた。

左)エブリー「DELISH KITCHEN」編集長菅原千遥氏
右)エブリー「DELISH KITCHEN」マーケティングソリューションズ マネージャー三ツ中 菜津美氏

食のエコシステムを構築 オンラインからオフラインの領域へ

レシピ動画メディア「DELISHKITCHEN」の快進撃が止まらない。2015年9月のスタート以降、ユーザー数は急拡大。FacebookやInstagramなどSNSのフォロワー数は300万人を超え、アプリのダウンロード数も1000万を突破。月間動画再生回数は、5億2000万回以上にも及ぶ。

2017年にはレシピ動画アプリとしてダウンロード数国内第1位となり、App StoreとGoogle Play Storeの両ストアで、ユーザーに支持されるアプリとして表彰されている。

ユーザーだけでなく、商品をプロモーションしたい企業にとっても欠かせないメディアに成長した。商品の魅力を引き出したレシピ動画を制作し、SNSやアプリ上で配信。そのタイアップ動画数は400本以上になり、他社動画メディアを寄せ付けない実績を誇る。

「DELISH KITCHEN」編集長の菅原千遥氏は、「レシピ動画による商品認知だけでなく、売上の増加にまで繋げてきた点が評価されています」と話す。

急成長によって各所から注目を集める同社だが、さらなる成長に向けて新方針を打ち出した。それが「①DELISH KITCHEN ブランディングプログラム」「②DELISH KITCHENリテールサポートプログラム」「③DELISH KITCHEN プレミアムメディアプログラム」という3つのプログラムだ。

菅原氏は、「ユーザーとメーカー、小売・流通を含めたエコシステムを構築することで、食に関わる全ての人に良い体験を提供していきたいのです」という。

オンラインだけでなく、オフラインの領域にまでサービスを拡大。ユーザーがレシピ動画を見て、気になった商品を近隣の店舗などで購入し、料理をつくる段階までの全工程を「DELISH KITCHEN」がワンストップでサポートする世界観を描く 。

次ページ 「独自ポイントを発行 提携店舗への来店促進につなげる」へ続く



お問い合わせ
株式会社エブリー
〒106-0032 東京都港区六本木7-14-23 セントラム六本木ビル4F
TEL:03-6434-0874
URL:https://corp.every.tv/
E-mail:info@every.tv

Follow Us