小売・流通向け施策を強化フルファネルマーケティングが可能

share

独自ポイントを発行 提携店舗への来店促進につなげる

「DELISH KITCHEN」が目指すサービス像。レシピを“ 見つける”から“買う”“つくる”までをワンストップでサポートする。オンラインとオフラインのデータを連携させ、購買行動を把握し、マーケティングの最適化をサポートする。

従来、「DELISH KITCHEN」はマーケティングファネルにおける「認知」から「興味関心」までをサポートすることが多かったが、新たなプログラムでは店頭での「購買」までを担う。

メーカー様向けの「DELISHKITCHEN ブランディングプログラム」では、従来の商品の魅力を伝えるレシピ動画を制作・配信する「タイアップ広告」や、企業が持つテレビCMなどの動画素材を配信する「ディスプレイ広告」に加えて、購買を促進させる「クーポン」や店頭での「レシピ動画POP」を新たにリリースした。

そして、小売・流通向け「DELISHKITCHEN リテールサポートプログラム」では、アプリ内の「特売情報・Webチラシ」によって、ユーザーの近隣店舗の情報を配信して来店につなげていくほか、店内での「レシピ動画POP」や「レシピカード」にレシピ動画のコンテンツを提供していくことで店頭での購買促進と合わせ買いによる顧客購入点数の向上をサポートする。

これら施策の起爆剤になるのが、発行を予定している独自ポイントだ。例えば、レシートを読み込んで、購入者にポイントをバックするマストバイキャンペーンが考えられる。そして、ユーザーに付与されたポイントを提携店舗で使用するように促すことで、来店につなげていく。

菅原氏は、「店舗のプロモーション担当の方から、集客のために折り込みチラシを使っていたが、新聞の購読者減少などで効果が落ちているという話を聞きます。また、オンライン系クーポンサービスはユーザー数が少なく、効果を実感できないようです。一方で、私たちはすでに多くのユーザーを抱えているため、来店数の増加につなげられるのです」と自信を見せる。

さらに、小売・流通企業とのデータ連携も進めていく。店頭で商品を購入した人が、どのようなレシピを見て、どのような料理をつくるために店舗で商品を購入したのか、これまで以上にユーザーの購入前後の行動を把握できるのだ。それによって、購入する可能性が高い類似ユーザーにクーポンを配信するなど、プロモーションの最適化も可能になる。

同社 マーケティングソリューションズ マネージャーの三ツ中菜津美氏は「ブランドリフトによる購買活動のデジタル化を実現することで、マーケティング活動の見える化ができます。それにより、最適なマーケティング活動を支援することができます。また、ユーザーにとっても、パーソナライズされた情報が届くことになり、利便性が高まります」と話す。これらのプログラムの導入はすでに進められており、同社では導入店舗を増やす活動を強化している。

出版社や放送局と連携 プレミアムメニューもスタート

3つ目の「DELISH KITCHEN プレミアムメディアプログラム」は、「オレンジページ」や「サンキュ!」などの人気雑誌や書籍、放送局、料理研究家によるプレミアムなレシピを動画配信するプログラムだ。ユーザーは月額で利用料を支払い、提携メディア側はレベニューシェアで収益を得られるモデル。提携先との広告メニューでの連携なども進んでいる。

ユーザー、メーカー、小売・流通、メディアなどで情報を流通させるエコシステムを構築した「DELISHKITCHEN」。ここから新たなマーケティング施策が生まれてきそうだ 。



お問い合わせ
株式会社エブリー
〒106-0032 東京都港区六本木7-14-23 セントラム六本木ビル4F
TEL:03-6434-0874
URL:https://corp.every.tv/
E-mail:info@every.tv

Follow Us