コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

山崎まさよしさんのモノマネも上手だった!?貴重な邦楽メドレーを披露(ゲスト:和田唱)【後編】

share

山崎まさよしのモノマネを披露することに・・・

澤本:いや、普通にアーティストとしてかっこいいだけじゃなくて、ちゃんと面白いこともできるぞというところもね。

和田:じゃあ、邦楽メドレーを。自分の曲じゃなくて、僕が好きな女性の曲を2つほど繋げていいですか。いきますよ。

♪~ 和田さん、演奏(山崎まさよしさんのモノマネを交えながら)

一同:(拍手)

中村:すごい!今のは松田聖子さんの「赤いスイートピー」と、aikoさんの「カブトムシ」、そして山崎まさよしさんの「セロリ」。

和田:デュエットバージョンですね。これ怒られないかな、まさよしさんに(笑)。

澤本:1人2役やってくれるとは思わなかった。

和田:ぱっと思いつきました。

澤本:天才!

和田:これは難易度高かったですね。

澤本:でも、面白かった。その感想がいいかどうかわからないけど。

和田:完成度高めてもう1回やりたいですもん。練習して「初めてやるんですよ~」と言いながらやりたい(笑)。

中村:めっちゃよかったですね。

権八:来年またやってもらえばね。和田さんの女性ボーカルの感じ、すごくいいですよね。

和田:あまりやったことないんですよ。だから、自分の可能性発見系ですね。

権八:この場で試していただいて(笑)。ちょっと鼻にかかった声で、癖になるというか。

和田:ちょっと鼻炎なものですみません。

権八:心地よかった(笑)。

中村:僕はaikoが大好きで。学生時代にニッポン放送に単身アルバイトに乗りこんだんですが、それはaikoの番組を手伝いたかったからなんですよ。

権八:aikoに会うために?

中村:当時、aikoがオールナイトニッポンやっていて、「僕、ホームページつくれまっせ」と言ったら、「じゃあいいよ。手伝って」と言われて。

和田:死ぬほどaiko好きという人は女性も多いですよね。あとライブを見ても、お客さんに対して自然体なんですよ。あの距離感、非常に影響されましたね。

澤本:ライブの話が出ましたが、トライセラトップスのライブは来年やるんですか?

次ページ 「2018年のライブは赤坂BLITZからスタート」へ続く

Follow Us