第30回「交通広告グランプリ2018」、作品募集開始!

share

ジェイアール東日本企画が主催する、第30回「交通広告グランプリ2018」が作品の募集を開始した。

「交通広告グランプリ」はジェイアール東日本企画が管理・販売を行う「JR東日本」「つくばエクスプレス」「ゆりかもめ」「りんかい線」「JR貨物」の駅および車両の広告メディアに、2017年4月1日から2018年3月31日の期間内に掲出・放映された、交通広告作品を対象とした広告賞。

「交通広告グランプリ2018」では拡大するデジタルメディアや交通広告を取り巻く環境を踏まえ、第30回を迎える今回を機に、各部門および部門名称を見直した。

部門は全6部門で、「車両デジタルメディア部門」「駅デジタルメディア部門」「車両メディア部門」「駅メディア部門」「駅サインボード部門「企画・プロモーション部門」からなる。

賞は、グランプリ1点、最優秀部門賞6 点、優秀作品賞30 点、JR東日本賞1点の計38 作品を選出する。尚、グランプリ、JR東日本賞は、部門を問わず全ての応募作品の中から選出される。

作品の応募締切は5月10日まで。受賞作品の発表および贈賞式は、7月下旬を予定。受賞作品の発表は「交通広告グランプリ」Webサイトなどでも行われるほか、都内では受賞作品展示会の開催も予定している。


「交通広告グランプリ」に関連する記事はこちら

Follow Us