「AdverTimes DAYS 2018」 注目企業を紹介!講演事前レポート(ウフル・ヤプリ・エーザイ・オーリーズ・BitStar・はたらくよろこび研究所 )

share

宣伝会議は4月11日、12日の2日間、東京国際フォーラム(東京・千代田区)にて、「宣伝会議AdverTimes DAYS 2018」を開催する。

テーマは「Re:Creation-広告界のコアコンピタンスを見直し、新しい広告のモデル、仕事、役割をつくる」。産業界そして社会における、広告の役割も大きく変わってきている。そこで職種や立場を超えたディスカッションを通して、知識や技術だけでなくリーダーシップや仕事への向き合い方、情熱まで議論を尽くしていく。

本レポートでは広告マーケティングを支援する注目企業の講演内容を紹介する。

近未来、必須になるIoTマーケティングとデータアナリティクスの融合

株式会社ウフル
ソリューションデザイン本部 データアナリティクス部 部長
落合 研次 氏

まず、IoTマーケティングについてのビジョンをお話します。そのうえで、現在最先端のビジネス課題を分析プロジェクトの事例から浮彫にします。最後に、両者のギャップを埋めるヒントについて議論致します。

このセッションを通して、大きなマーケティングの流れの中で、過渡期に位置する現在について考える材料をお伝えします。

エーザイのオウンドメディア施策〜自社アプリの役割とは〜

株式会社ヤプリ
エバンジェリスト
金子 洋平 氏

エーザイ株式会社
コンシューマーhhc事業部 LTパートナー部 データマーケティング推進室 アソシエートディレクター
久下 正史 氏

急速なモバイルシフトに伴い、スマートフォンアプリを顧客との重要な接点として活用する企業が増えています。オムニチャネル・ECはもちろん、オウンドメディアにおいてもアプリが重要な位置を占めるようになってきています。

国内250社以上の企業公式アプリを支えるYappli(ヤプリ)が、自社アプリの活用方法と効果について解説します。

ゲストには、エーザイ株式会社の久下様を迎えメーカー企業が取り組むオウンドメディア施策についてお話いただきます。

広告主のインハウス化を支援した広告代理店が語る。広告主と代理店の理想的な付き合い方。

株式会社オーリーズ
代表取締役
鈴木 多聞 氏

広告主からよくご相談をいただく「広告運用のインハウス化」。インハウスを検討する動機は様々です。

「事業上の重要なデータと広告運用を深く連動させ、顧客体験を向上させたい」
「安定的な運用よりも、スピードある挑戦と改善を優先した攻めの運用がしたい」
「広告成果の頭打ちと、代理店が踏み込んでこない、というジレンマを解消したい」
「内製文化であるため外注ができない」などなど。

今回は、代理店として広告主のインハウス化の課題に取り組んだ実例を用いて、
「インハウス化のリアル」と「広告主と代理店の理想的な付き合い方」についてお話します。

インハウスを検討していなくても、広告成果の頭打ちに悩んでいたり、代理店との関係性を見直したい広告主にも役立つお話です。

インフルエンサーを活用した 効果的なマーケティング施策の最新動向

株式会社 BitStar
マーケティング・ディレクター
高尾 啓人 氏

インフルエンサーマーケティングが盛り上がりを見せるなか、インフルエンサーを活用した効果検証・プランニングが重要になってきております。

その中でも欠かせない施策になってきているインフルエンサーマーケティングの最新動向をお伝え致します!!

インターナルコミュニケーションの可能性 〜社員が変わる、会社を変える社内広報〜

株式会社産業編集センター
はたらくよろこび研究所

石原 良平 氏

経営環境が刻々と変化する現在、各企業にとってインターナルコミュニケーションの重要性がますます高まっています。

単に社員間のコミュニケーションを活性化させるだけではなく、いかに社員個々のモチベーションを高め、それを企業のレピュテ—ションやブランドアップにつなげていくか。本講演ではさまざまな企業の社内広報施策の事例紹介を通じて、社員を変え、会社を変えていくインターナルコミュニケーションとは何かをお伝えします。


セミナー・展示会のお申し込みはこちらから

Follow Us