2018年度SCC最高賞は、石屋製菓「恋人は置いていきます。」

share

札幌コピーライターズクラブ(SCC)が主催する2018年度「SCC賞」の公開審査会が7日、札幌市内で開かれ、各賞が決定した。

4月7日に開かれたSCC賞の審査会(札幌市中央区のかでる2・7)

SCC賞の審査対象は、北海道内在住者による作品、または道外在住者の道内展開作品で、本年度の応募総数は208点。

SCC最高賞には石屋製菓「ISHIYA GINZA 新聞広告」を制作した鈴木拓磨氏(T.C.P)が選ばれた。石屋製菓が昨年4月に東京の商業施設「銀座シックス(GINZA SIX)」への出店告知として東京と北海道で2つのメッセージを出した新聞広告で、新人賞とのダブル受賞となった。

T.C.Pの鈴木拓磨氏がてがけ、SCC最高賞を受賞した石屋製菓「ISHIYA GINZA」の 新聞広告

本年度は特別審査員に中村禎氏(フリーエージェント)を迎え、審査委員長の遠藤誠之氏(アルファシリウス)など10人で進められた。同時に、公開審査会に参加した約50人によるギャラリー審査も行われた。一般の審査員の中には大学生や家族連れの姿も見られた。

中村氏は審査後、「広告は見られなくて当たり前のもの。パッと見て心が動くコピーに票が集まった印象」とコメントした。受賞作品は次の通り。

《SCC最高賞》

石屋製菓「ISHIYA GINZA 新聞広告」
鈴木拓磨(T.C.P)

《SCC準最高賞》

宣伝会議「コピージアム2017札幌 告知ポスター」
岩崎浄美(かもめプランニング)

川島旅館「川島旅館 物産展 キャッチフレーズ」
遠藤誠之(アルファシリウス)

《SCC賞》

壺屋総本店「賞味期限の近いお菓子 ネーミング」
西川佳乃(文屋)

北斗市「キミとボクとホクト ポスター・PR動画」
讃良奈央子(電通北海道)

北海道放送「声 新聞広告」
東井崇(フリーランス)

乗善寺「乗善寺 WEBサイト」
池端宏介(インプロバイド)

エフゾーン「貸切バス ポスター・フライヤー」
池端宏介(インプロバイド)

ワールドサービス「SWITCH鹿児島 ポスター・テレビCM」
長岡晋一郎(北海道博報堂)

長沼町「道路開通告知 ポスター」
池端宏介(インプロバイド)

札幌メディア・アート・フォーラム「ボツで終わらせない仕事術 ポスター」
佐藤翔吾(北日本広告社)

《SCC新人賞》

鈴木拓磨(T.C.P)

岩崎浄美(かもめプランニング)

《審査員賞》

【中村禎賞】
函館スイーツ推進協議会「函館スイーツ うちわ」
池端宏介(インプロバイド)

【審査委員長賞】
長沼町「移住促進 フライヤー」
池端宏介(インプロバイド)

《各部門ギャラリー賞》

【ポスター部門】
函館スイーツ推進協議会「函館スイーツ ポスター」
池端宏介(インプロバイド)

【新聞・雑誌部門】
北海道科学大学「薬学部設立告知 新聞広告」
東井崇(フリーランス)

【テレビ部門】(同票で3作品)
BUNS「トーキョーナマステアロイカリー音頭 WEBムービー」
佐藤秀峰(かもめプランニング)

札幌駅総合開発「Life Storyteller 伊織 PR動画」
長岡晋一郎(北海道博報堂)

野口観光「トントンフェスティバル テレビCM」
長岡晋一郎(北海道博報堂)

【ラジオCM】
エフエム北海道「『広い』篇 ラジオCM」
東井崇(フリーランス)

【パンフレット・編集企画部門】
RENOVES「帰りたくなる、しあわせ。 パンフレット」
宮崎里佳(フリーランス)

【チラシ・POP・その他部門】
川島旅館「川島旅館 物産展 キャッチフレーズ」
遠藤誠之(アルファシリウス)

【新人部門】
石屋製菓「ISHIYA GINZA 新聞広告」
鈴木拓磨(T.C.P)


「SCC賞」に関連する記事はこちら

Follow Us