「グノシー」がライブ動画事業をスタート 広告商品としても販売を予定

share

2013年にアプリをリリースして以来、成長を続け、2200万ダウンロードを達成した、国内最大級のニュースアプリ「グノシー」。「グノシー」を運営するGunosyでは今年2月から、新たにライブ動画事業に本格参入した。

リラックスしたオフタイムに楽しめるコンテンツを追求

左からGunosy IR・経営企画 ライブ動画 全体統括 岩館大地 氏、Gunosy 代表取締役最高執行責任者 竹谷祐哉 氏

人工知能を用いた、ユーザーの興味・関心に基づく記事配信で現在、ダウンロード数2200万を達成した、国内最大級の情報キュレーションアプリ「グノシー」。その「グノシー」を運営するGunosyが、2018年2月よりライブ動画事業に本格的に乗り出した。

その内容とはクイズに正解した人が賞金を山分けできるクイズ番組「グノシーQ」やタレントが出演し、「グノシー」で話題のネットニュースを掘り下げる「ウワサTV」など、いずれもユーザー参加型のインタラクティブな動画が中心。これまでに、すでに60本以上のオリジナルライブ動画を制作・配信している。

ライブ動画で、かつインタラクティブ性を重視したコンテンツの企画は「グノシー」ユーザーのメディア接触行動を分析した上で出てきた方向性だ。「本格的に動画の時代が始まったいま、Gunosyとして、どのような動画コンテンツを展開すべきかは、最近の経営課題でした」と話すのは、同社・代表取締役最高執行責任者の竹谷祐哉氏。オフタイムに比較的、リラックスした状態で接触することの多い「グノシー」ならではのユーザーの温度感に合わせ、エンタメ要素が高く、またクイズでもかっちりしすぎないスタイルを考え、行きついたのが今回のライブ動画だった。

見せる動画ではなく参加できる動画

今回、始まったライブ動画はスマートフォンでの視聴に合わせた短めのコンテンツだが、制作にはプロの外部スタッフも加わり、また吉本興業を始めとするタレント事務所の有名タレントもアサインした本格的な番組コンテンツになっている。とはいえ、竹谷氏は「テレビのようなコンテンツの質は目指さないつもり」と明言する。

「僕たちが目指すライブ動画は、ゲームで言えば“ソーシャルゲーム”のような世界観です。かつてゲームと言えば、多額の開発費を投じる高価格の据え置き型のゲームが主流でしたが、ここ数年で一気にソーシャルゲームが席巻しました。ソーシャルゲームならではの楽しさは、皆で参加している一体感にある。テレビのような“見せる”動画ではなく、“ 参加できる”動画としての質の追求に、Gunosyだからこそ提供できる価値があると考えています」(竹谷氏)。

次ページ 「クイズ番組のフォーマットが強いブランド体験を生み出す」へ続く



お問い合わせ先
株式会社Gunosy
Email:ad-info@gunosy.com
TEL:03-6455-4196

Follow Us