渋谷109に、BiSHらアイドルグループが「謝罪広告」

share

109に出稿された「謝罪広告」

6月24日、渋谷109のシリンダーに「大変申し訳ございません。」と書かれた謝罪広告が掲出された。が、よく見ると「まだ何もしてませんが、先に謝罪しときます。私達は間違えます。」というメッセージが…。

この広告を出稿したのは、BiSH、GANG PARADE、BiS、EMPiREなどアイドルグループをプロデュースしている音楽プロダクションWACK。ここに写っている女の子たちは、すべて同社に所属するアイドルグループだ。

これはWACK”先に謝罪キャンペーン”と題した同社の企業広告。前例のないプロモーションで、アイドルの世界にさまざまな旋風を巻き起こしている代表の渡辺淳之介氏はじめ、各アイドルグループが、関係者やファンにいつの日か多大なる迷惑をかけるかもしれないことを、事前に謝罪している。

この謝罪広告のクリエイティブディレクションを務めたのは、シンガタ権八成裕氏。

WACKは、24日から全40ページからなる「謝罪本」を東京・渋谷ほか、全国のタワーレコード74店鋪、 HMV56店舗、TSUTAYA15店鋪で配布。レコード店内にポスターを掲出すると同時に、渋谷109に謝罪広告を出稿した。謝罪本は、6月28日まで配布される。

タワーレコードなどで配布されている「謝罪本」

スタッフリスト

企画制作
シンガタ+電通
CD+C
権八成裕
AD
柴谷麻以
D
鑓田佳広
撮影
鈴木親
レタッチ
津金卓也
フォトプロデューサー
錦木稔
PM
名和翔、河野平、岩井寛大
印刷
榎本晃之
HM
KEN、MAMI、MINAMI、TAKACO
出演
BiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiRE

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us