コラム

「シェアしたがる心理」のこれからを考える

世界最先端の「顧客体験」ってどうなってるの?【前編】

share

今回はアドビ システムズ(以下アドビ)が3月に開催したマーケティングカンファレンス「Adobe Summit2018」に参加し学んだ知見から、ユーザーのエクスペリエンスやそれがもたらすシェア行動に着目したマーケティングツールの重要性について、未来視点で紹介します。会期から少々時間が経ってしまいましたが、僕としてはとても感銘を受けたイベントだったので、逆に時間をかけて思考を整理しました。

はじめにイベントの概要から。アドビの中でもデジタルマーケティング系のサービスにフォーカスしたイベントがこのAdobe Summit。一般的にはフォトショ(Photoshop)とかイラレ(Illustrator)といったクリエイティブツールを思い浮かべる方も多いと思うのですが、今回のイベントではAdobe製のマーケティングに関連したツールやメソッド、ケーススタディの紹介などがなされました。

パートナー向けのDay 0(3月26日)からDay 3(3月28日)まで、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのVenetian Hotelなどで開催されました。世界40カ国からマーケティング担当者、アナリスト、報道関係者など約1万3000人が集まるという大規模なイベントです。

ちなみに僕にとっては人生初ラスベガス…! カジノは、ちょっとだけやりました(笑)

※会期中ずっと首から下げてたカンファレンスパス

参加の経緯は、アドビの公式プログラム「Social Insider」(デジタルマーケティング業界のインフルエンサー施策)にてご招待いただいたというもので、会期中は僕のTwitterアカウントで、ハッシュタグ「#AdobeSummit」を付けてイベントの模様をお伝えしていました。Social Insider枠で興味深いセッションにもいくつか参加させてもらったので、今回の記事にはそのエッセンスも反映させています。

次ページ 「エクスペリエンスとシェアの時代」へ続く

Follow Us