こだわりのシャンプーがもたらすハッピーな生活を描きたい/BOVA2019(ナプラ)

share

ブレーンが主催するオンライン動画のコンテスト「BOVA」は、1月23日まで作品を募集している。プロ・アマ問わず、協賛企業が出題した課題への自主制作作品を対象とする「一般公募部門」では、10月23~25日に協賛企業からのオリエンテーションを実施した。ここでは、そのダイジェストを紹介します。

今回は、美容室専売のヘアケア商品を扱うナプラの課題で、「なんとなくでシャンプーを選んでいる人にシャンプーにこだわるきっかけを訴求する動画」です。

ナプラ「N.(エヌドット)」
課題:なんとなくでシャンプーを選んでいる人にシャンプーにこだわるきっかけを訴求する動画

髪質を高めるヘアケア用品「N.(エヌドット)」を全国展開

今回募集するのは、シャンプーに関する動画です。当社は「N.(エヌドット)」というブランドのシャンプーやトリートメントをはじめ、スタイリング剤、ヘアカラーなどヘアケア関連商品を展開しています。
1953年の創業以来、美容室・美容師向けの業務用商材の製造販売メーカーとして、美容室のみで販売(美容室専売品)する形態で商品を展開しています。

現在、好評をいただいているのは「N. ポリッシュオイル」で、濡れ髪スタイルなどが自由自在にアレンジできる人気商品になっています。
ブランドのキャッチコピーは「いつもそばに、エヌドット」。「髪印象を高めるヘアケアシリーズ」として、毎日のちょっとした髪のケアがその人の印象を変え、女性の魅力を引き出す、そんなこだわりを持った製品づくりをしています。

動画制作のテーマになる商品は、「エヌドット」シリーズのシャンプー剤(N. SHEAシャンプー)です。2018年9月3日に発売し、シャンプー&トリートメントをラインナップしています。

商品の特徴は、天然保湿成分シアバター由来のシャンプーで、シアのうるおいで健やかな髪へと導きます。

ターゲット層は20〜40代のファッションや美容に関心のある女性。いつもアクティブで、ファンションや美容に関する情報を敏感にキャッチしながらも、ヘアケアにまでは意識が届いていないという人に向けてアプローチしてください。

現状の課題は「美容室でシャンプーを購入する人が少ない」

ヘアケアの市場背景を調査したところ、「ヘアケア商材をよく買うのはどこですか」というアンケートの結果は、ドラッグストア、バラエティショップ、美容室の順になっています。中心となる価格は1品500円前後。1000円以上のシャンプー剤を購入される方は少ないという結果が出ました。

また別の調査では、美容室でシャンプーやスタイリングを勧められた場合のお客さまの反応で「現状の商品に満足している」「家にシャンプーがある」とも・・・。
とは言いながら、髪に対する悩みを聞くと、「髪がまとまらない」「くせ毛」「枝毛」「切れ毛」「年齢によるボリュームダウン」などが上がり、これらの悩みが「シャンプーである解決できる」ことを知らない人が圧倒的です。そういった背景から市場拡大につながらないと分析しています。

髪にまつわる基礎知識を簡単に紹介しますと、
成人男女で髪の本数は約10〜12万本。1カ月で8〜10㎜、年間で10㎝くらい伸びています。生え替わりの周期は、男性が3〜6年、女性が4〜6年。1日平均100本前後、自然脱毛していきます。

髪の構成成分は、タンパク質80%、水分10〜15%、油分が2〜7%です。髪は自己再生の能力がなく、ヘアカラー剤やパーマ液、ドライヤーなどの熱など外部刺激でダメージを受けてしまうと回復することが難しく、髪や地肌に悪影響を与えない良品のヘアケア商材を使うことが理想とされています。

次ページ 「好きなシャンプーを使うハッピーな気分を動画に」へ続く

Follow Us