最高賞は茅乃舎、matsukiyo、Panasonic、Suntoryに — Japan Branding Awards 2018の結果発表

share

1126006
11月22日に都内で授賞式が開かれ、各社の代表者が登壇した。

11月22日、ブランディングのコンサル事業などを手掛けるインターブランドジャパンは、同社が主催する「Japan Branding Awards 2018」の受賞ブランドを発表した。最高賞のBest of the Bestは茅乃舎(久原本家)、matsukiyo(マツモトキヨシホールディングス)、Panasonic(パナソニック)、Suntory(サントリーホールディングス)に贈られた。

Japan Branding Awardsは、優れたブランディング活動を実行している組織(企業・団体、事業、サービス、製品)を評価し、その活動を紹介、社会に広く共有することでブランド戦略を展開する企業・団体のさらなる成長を支援することを目的に創設された賞。企業の「ブランディング活動」を評価する賞としては日本初で、今年が第1回目の開催となる。

審査では、ブランド戦略・体験基盤の構築からクリエイティブ開発、コミュニケーション活動まで含むマーケティング活動全般に渡る視点で、各活動が有機的に結び付いて効果を生み出しているかを重視。審査委員長はインターブランドジャパン 代表取締役社長兼CEOの並木将仁氏、副委員長は一橋大学大学院 経営管理研究科教授の阿久津 聡氏、事業構想大学院大学 学長/宣伝会議 取締役メディア・情報統括の田中里沙が務め、最高賞の受賞ブランドと合わせ、計10ブランドが受賞した。

これまでにもインターブランドでは毎年、ブランドランキングであるBest Global Brandsをはじめ企業のブランドを評価する各種レポートを公表している。同社はブランドを企業に成功・成長をもたらすためのひとつのカギとして考え、企業のブランディング活動を支援している。

受賞ブランドは下記のとおり。

【受賞ブランド】

《Best of the Best》
-受賞企業の中で特に優れた取り組み
・茅乃舎 (久原本家)
・matsukiyo (マツモトキヨシホールディングス)
・Panasonic (パナソニック)
・Suntory (サントリーホールディングス)

《Winners》
-応募企業の中で優れた取り組み
・BANDAI NAMCO Entertainment(バンダイナムコエンターテインメント)
・Daiwa House Group (大和ハウス工業)
・Yamaha Motor (ヤマハ発動機)
・YOKOGAWA (横河電機)

《Rising Stars》
-特徴的な活動で成果を出した取り組み
・B.LEAGUE(公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ)
・一風堂 (力の源ホールディングス)

(※表記は受賞ブランドのアルファベット順)

Follow Us