コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

伸びるユーチューバーは実は「編集」を頑張っている!(ゲスト:ヒカキン)【前編】

share

【前回コラム】「ゴッドタンの「キス我慢」に、台本ってあるの?(ゲスト:劇団ひとり、佐久間宣行)【後編】」はこちら

今回のゲストは今や子どもが憧れる職業上位「ユーチューバー」の象徴ともいえる、ヒカキンさん。ユーチューバーになった理由、ブレイクスルーのポイントなど、これまでの10年間を振り返ります。

今回の登場人物紹介

左から、権八成裕(すぐおわパーソナリティ)、澤本嘉光(すぐおわパーソナリティ)、ヒカキン、中村洋基(すぐおわレギュラーゲスト)。

※本記事は10月18日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

中村:3人揃うのは久々ですね。

権八:久しぶりな感じがしますね。何でだっけ?

中村:権八さん、結構休みがちだったじゃないですか。

権八:そんなことないよ。あ、前回が劇団ひとりさん。あれは来たかった。

澤本:来ればいいんだよ。

権八:いや、時間がピンポイントで来るのでね。どうしても。

中村:ビッグゲストはだいたいそうなんですよね。

権八:今日もそうですよね。今日もピンポイントで来たけどここは何とか来ることができました。

CMとYouTubeのつくり方の違いって?

中村:今日のゲストはやばいですよ。私もお仕事でユーチューバーのプラットフォーム「NOCHISTA(のちスタ)」をつくっているんですけど、今はユーチューバーがすごいじゃないですか。子どもの憧れ、将来なりたい職業にも上位ランクイン。そのご本尊をお呼びしております。今回のゲストはユーチューバーのヒカキンさんです、よろしくお願いします!

ヒカキン:よろしくお願いします!

権八:今日は澤本さんのご紹介で?

澤本:紹介というか、ソフトバンクのCMにしばらく出ていただいているので。

中村:あの「マスCMの王者」ことソフトバンクのCMに、ついにユーチューバーが。

権八:ゆりやんが見ているYouTubeの中身としてヒカキンさんが出ているCMでしたっけ?

 

澤本:そう。まずは中身から入っていただいて、次のCMではもうちょっと出てきます。

ヒカキン:次のCMが流れるのが楽しみです。今までいろいろなCMに出させていただいたんですけど、全く別物で、勉強になりましたね。撮り方も含めて、一切気が抜けなくてずっと緊張してました。

権八:でも、ご自分で作と演出をやっているヒカキンさんから見ると、我々がずっとやってきたCMのスタイルはもしかしたら、ちょっと無駄が多いように見えるんじゃないかなとも思うんですけど。同じことを何度もやらせるでしょ?

ヒカキン:まぁそうですけど、繋がりがおかしくならないようにやられているのかなと思いました。

中村:CMは謎ですよね。「いい感じですねー、もう1回やってみましょうか」って。

一同:(笑)

ヒカキン:それは気遣いかなというのが伝わりますけどね。

中村:はい、そんなヒカキンさんに毎回ゲストの方にお願いしている20秒自己紹介というのをお願いできればと思います。この「すぐおわ」は一応、広告の番組ということで、ご自身のCMをラジオCMの秒数20秒に合わせてやってくださいと。

権八:そうか。ここで聞けるんだ、あれが。

ヒカキン:20秒って測ったことないので、できるかなぁ。

権八:でもちゃんとタイマーが鳴るので大丈夫ですよ。

中村:ご準備はよろしいでしょうか? では、どうぞ!

ヒカキン:ブンブンハローYouTube。どうもヒカキンです。ユーチューバーやらせてもらってます。HikakinTVで日常を配信をしたり、HikakinGamesでゲーム実況をしたりしてます。最近はかわいい猫ちゃんを2匹飼って、HikakinTVで動画をあげてますので、ぜひご覧ください! バーイ。(ゴング)

中村:完璧だ!

権八:これラジオで残念ですね、ちゃんと顔もやってましたよ、今。最後、敬礼してたし(笑)。憧れの職業ですからね。

中村:私の6歳になる娘も、「ヒカキン来るの!?」って言ってましたから。

権八:最近は猫ちゃんとのツーショットがやたら巡ってますね。

ヒカキン:そうですね。ずっと猫は好きで、年に何回も猫カフェに行くくらい好きだったんですけど、なかなか飼うとなると覚悟いるかなと思ってたんですけど、今年は飼っちゃいましたね。

権八:いきなり聞くと、今、年収が何兆円ぐらいでしたっけ(笑)?

次ページ 「年収は国家予算並み!?」へ続く

Follow Us