クリエイターの本棚【Vol.1】 HAKUHODO DESIGN 永井一史 — 『弓と禅』オイゲン・ヘリゲル著 —

share

※本記事は株式会社博報堂のコラムで掲載された記事を表示しています。

本棚を見れば、その人の人となりが見えてくる。
博報堂クリエイター達が「大切にしている一冊の本」を紹介する連載です。
第一回は、HAKUHODO DESIGN 代表 永井 一史です。

私が選んだ一冊は、オイゲン・ヘリゲル著『弓と禅』です。

『弓と禅』は、ドイツ人の哲学者オイゲン・ヘリゲルが、弓道を通じて日本の精神性に近づいていくプロセスを記したドキュメンタリーです。もともと射撃の経験があった筆者は腕にも多少自信があり、哲学者なのでものを深く理解することも得意。それなのにまったく上達せず、弓を引くことさえままならない。本当に苦労するんです。

その修練の中で、西洋的と言える構築的な哲学から、言語化されない領域の日本文化そのものを身につけていく。非常にドラマティックな展開も含めて描かれていて、ストーリーとしてとても楽しめる一冊です。

この本と出会ったのは14〜15年前、仕事でいうと茶系飲料の仕事をはじめた頃で、同時に日本の自動車メーカーも手がけていました。まさにグローバリゼーションが声高に訴えられていた時代です。日本の社会全体としては、ある種外圧的にグローバリゼーションが持ち込まれたことへの反動で、日本回帰の意識が芽生えた頃だったように思います。

僕もそれまで、取り立てて日本文化に興味があったわけではないのですが、自動車の仕事のようにグローバリゼーションをダイレクトに受け取る仕事と、お茶の仕事のように日本的な文化をどうモダナイズするかという仕事のふたつの方向性の中で、急速に日本文化に関心が高まった時期でした。

岡倉天心の『茶の本』や世阿弥の『風姿花伝』など、日本の文化性が描かれている一連の作品も読んでみましたが、中でも印象深く、確かに日本文化の本質はこういうところにあるなと思ったのがこの作品。何か直接的なヒントを得ようと思って本を読むことはありませんが、ものを考えるときの自分のよりどころというか、立っている地面を作るというようなことに役立っています。

本の中で、何事も論理的に解釈しようとするヘリゲルに、弓の師匠は根気強く「有心と無心」の心構えを伝えます。これは、デザインの仕事で言うと・・・

続きを読む (HAKUHODO Creators Bookshelf VOL.1)

 

永井一史 (ながい・かずふみ)
アートディレクター/クリエイティブディレクター
株式会社HAKUHODO DESIGN代表取締役社長
多摩美術大学教授

1985年多摩美術大学美術学部卒業後、博報堂に入社。2003年、デザインによるブランディングの会社HAKUHODO DESIGNを設立。様々な企業・商品や行政施策のブランディング、VIデザイン、プロジェクトデザインを手掛けている。医療・ヘルスケアや地方創生などソーシャル領域での活動も多い。2015年から東京都「東京ブランド」クリエイティブディレクター、2015年から2017年までグッドデザイン賞審査委員長を務める。
クリエイター・オブ・ザ・イヤー、ADC賞グランプリ、毎日デザイン賞など国内外受賞歴多数。著書・共著書に『幸せに向かうデザイン』、『エネルギー問題に効くデザイン』、『経営はデザインそのものである』、『博報堂デザインのブランディング』など。


コンテンツパートナー記事とは
AdverTimes編集部が注目する広告界のオウンドメディアから
読者に届けたい記事を厳選し掲載しています。

Follow Us