下関市とフェイスブック ジャパン、SNS活用で連携

share

山口県下関市とフェイスブック ジャパンは1月25日、SNSの活用により地域経済・地域コミュニティ活性化を図ることを目的とする事業連携協定を締結した。フェイスブック ジャパンが行政と連携するのは、2018年7月の神戸市との協定締結に続き2例目。

(左から)前田晋太郎・下関市長とフェイスブック ジャパン 代表取締役の長谷川晋氏。

今後はインバウンド旅行者の獲得や地場産業の活性化、地域コミュニティの活性化など、下関市が抱える課題解決に向け、官民の情報発信力強化を支援する。

主な取り組みとして、庁内の職員向けに効果的なSNS活用の手法やルール、トラブル対策についてのセミナーの開催や、運営中のFacebookページ、Instagramアカウントを分析し、改善のためのアドバイスを提供する。

2月20日・21日には、市内の中小企業向けにSNSの活用ノウハウを提供するセミナーやスタートアップ向けにキャンペーンの戦略立案から広告の活用方法までを体系的に学ぶワークショップを開催する。

Follow Us