映像「解散!」、「History of The Internet」など10作品が「JAGDA賞2019」受賞

share

日本グラフィックデザイナー協会/JAGDAは、「JAGDA賞2019」の入賞作品を発表した。

その年を代表する優れたグラフィックデザインを顕彰し、後世に伝えるため、毎年『Graphic Design in Japan』出品作品の中から、特に優れた数作品に授与する「JAGDA賞」。本年度は全国の会員から約2030作品が出品され、厳正な選考の結果、約600作品を入選とした(入選率28.4%)。カテゴリーごとに得票上位作品を候補とし、最終的にJAGDA賞10点が決定した(亀倉雄策賞1点は先に発表済み)。

入選作品を収録した年鑑は、編集長・柿木原政広、ブックデザイン・大原大次郎で2019年6月発行の予定。発刊に合わせ、東京ミッドタウン・デザインハブにて年鑑作品展を6月20日より開催する。授賞式は、6月28日に開催される「2019年度JAGDA通常総会」にて行う。

JAGDA賞

ポスター

永井一正/「LIFE」/美術館のコレクション展出品作品(富山県美術館)

 
ジェネラルグラフィック

菊池敦己/「ゆらぎ ブリジット・ライリーの絵画」/美術館の企画展の告知ツール(DIC川村記念美術館)

 

CI

色部義昭/「Osaka Metro」/地下鉄のCI(大阪市高速電気軌道)

 

ブックデザイン

葛西薫/「クレーの日記」/画家の日記のブックデザイン(みすず書房)

 

パッケージ

渡邉良重/「Tartine」/洋菓子店のパッケージ(プレジィール)

 

新聞広告

小野恵央/「SINCE 1995」/新聞社の企画新聞広告(神戸新聞社)

 

環境・空間

佐藤卓/「佐藤卓展 MASS」/個展の空間構成(巷房)

 

インタラクティブデザイン

川腰和徳/「History of The Internet」/インターネット企業のプロモーションサイト(ヤフー)

 

映像

岡崎智弘/「解散!」/博物館・放送局の企画展出品作品(NHKエデュケーショナル+NHKプロモーション)

 

複合

岡崎智弘/「イメージの観測所」/個展の制作物(日本デザインコミッティ)



【関連記事】
JAGDA新人賞は、赤沼夏希(博報堂)、岡崎智弘(SWIMMING)、小林一毅(資生堂)の3名に

第21回亀倉雄策賞は、色部義昭氏の「Osaka Metro」CI計画に

Follow Us