新たな交通広告・OOHを創造するアイデアを顕彰 グランプリは「15m走自販機」

share

Metro Ad Creative Award」は、東京メトロの交通メディアをフル活用し、新たな価値を創出する表現や、アイデアを顕彰するアワード。グランプリはじめ各賞を受賞した企画やグラフィックを一挙に紹介する。

プランニング部門 審査員

博報堂ケトル、博報堂
木村健太郎氏

TBWA\HAKUHODO
佐藤カズ一氏

THE・STANDARD
吉田宗平氏

 

デザイン・クリエイティブ部門 審査員

Tang
尾形真理子氏

電通
八木義博氏

渡辺潤平社
渡辺潤平氏

 

プランニング部門グランプリ

グランプリ

日本コカ・コーラ「15m走自販機」
竹内海氏、大場翔平氏

講評:レールを転がる商品を走って受け止める企画。「駅の自販機をエンターテインメントにした。全力疾走した後はアクエリアスもおいしく感じる。見ている人も楽しい。コストや実現性も◯。ほかと比べ、参加の敷居の低さと体験ストーリーの美しさで群を抜いていた」(木村氏)

 


 

準グランプリ

ハウス食品「とんがれ青春」
饗庭拓弥氏、楠田勇輝氏、山田紘也氏

講評:壁のとんがりコーンに触れると静電気が。「複数人でできるともっと面白いかも」(佐藤氏)

 


 

メトロアド賞

大和ハウス工業「東京リブネーション」
安田桜子氏、西口滉氏、丸茂智沙氏

講評:築年数の長い名所をリノベするさまを表示。「媒体の大きさを生かした企画」(メトロアド)

 

デザイン・クリエイティブ部門グランプリ

グランプリ

森永製菓「大きなキョロちゃん」
黒沢茉美氏

講評:画面に収まりきらない「キョロちゃん」が大迫力。それらを連続させ、映像的な効果となってキョロちゃんが間近に迫ってくる。商品の特徴に対して、シンプルなビジュアルアイデアで素早く逃げ切った。グランプリおめでとうございます(八木氏)

 


 

準グランプリ

東京個別指導学院「先生ひとり占め」
三橋雄太氏、山内潤氏

講評:削ぎ落として生まれる引力。なぜ吉田?などツッコミどころも含めて、大好き(渡辺氏)

 


 

メトロアド賞

カシオ計算機「KEYBORAD」
佐藤正人氏

講評:ビジネスパーソンに親和性あるキーボードの採用は大胆かつ東京メトロならでは(メトロアド)

 


 
全受賞作品と講評の詳細はこちら

次ページ 「審査員特別賞」へ続く

Follow Us