家族のニオイの悩みを解決する(ライオン)/販促コンペ・企業オリエンテーション

share

6月4日13時まで企画募集中の「第11回販促コンペ」。このほど実施された課題協賛企業のオリエンテーションから、一部を編集部がピックアップ。ここでしか読めない、よりくわしい内容をお伝えしていきます。

今回はライオンから「『“ソフラン”がいい!』と思って購入いただける販促プロモーション」という課題のオリエンテーションです。(課題詳細ページはこちら

深刻化する家族のニオイ問題

今回の課題は、「ソフラン」がいいと思っていただける斬新な販促アイデアです。また、企画のゴールは、他銘柄からの移行、その後の継続購入です。

それでは、柔軟剤市場についてご説明いたします。柔軟剤は、1年間で約3億5000万個が販売されております。これは、1世帯あたり平均7個が使われている計算になります。柔軟剤の売り場にはさまざまな種類が並んでいますが、お客様の購入理由としては、香りに期待している、衣類を柔らかく仕上げたい、防臭消臭機能に期待している、などがあげられます。

また、柔軟剤は大きく4種類に分類できます。柔軟剤本来の柔軟機能を訴求する基本機能タイプ、防臭タイプ、香りタイプ、価格の高いプレミアムタイプの4つで、今回の「ソフランプレミアム消臭」は防臭タイプに分類されます。

防臭タイプを購入するユーザーの約9割が、家族のニオイに不安や悩みを抱えています。自宅訪問でお話を聞くと、夫や息子の衣類のニオイが気になるが、特に靴下はどうしようもないという諦めに近い意見が多く聞かれます。

社会的にも昨今、大人に限らず子どもの世界でもスメハラ(スメルハラスメント)問題が起こっています。いじめなどにも発展をすることがあり、ニオイの不安は深刻化していると言えます。

特に家族で過ごす時間が短くなっている日本社会では、「見えない」子どもに対する親の心配は増すばかりです。

このように、家族からニオイから守りたい、という家族の気持ちにこたえ、まずは洗濯という日々繰り返される行為の中に無理なく、効果的に使ってもらいたいという思いで生まれたのが、ニオイを生まない新「ソフランプレミアム消臭」になります。

実感の得られる効果

次に「ソフラン」の特徴についてご説明いたします。「ソフラン」はニオイをただ消すのではなく、そもそも生ませないというのが大きな特徴です。『消臭成分』の特徴は、「繊維の奥まで入り込む」「流されずに衣類にしっかり吸着する」「こすらなくてもニオイに反応し続ける」という3つがあります。

だから、衣類のニオイに一日中消臭効果が持続します。当社では研究員が実際に、一日履いた5000足の靴下で実証いたしました。

最後になりますが、ご応募いただくアイデアは、ユニーク性、実現性、効果予測ができるかの3つをポイントに審査します。ソフランがいいと思っていただける斬新な販促アイデアをお待ちしています。

 

ライオンの課題詳細ページはこちら
第11回販促コンペ公式サイトはこちら

Follow Us