鈴木福くんも参加!SDGs未来会議“子どもサミット”開催

share

6月13日から3日間にわたってグランフロント大阪(大阪市)で開催されている「SDGs MIRAI KAIGI」が初日をむかえ、家族向けのイベント「SDGsこどもサミット~私たちが目指す未来を描いてみよう~」が実施された。

「持続可能な開発目標(SDGs:エスディージーズ)」は、世界が抱えるさまざまな問題を2030年までに解決することを目指して作成された世界共通の目標。このイベントは、2030年に大人になる子どもたちが世界の社会課題について学び、それらを解決するためのアイデアを出し合うというもの。

子どもたちは「今困っている(取り残されている)人」というお題に対して、レゴブロックで作品を制作。チーム内で作品を発表し合い、それらがSDGsのどの目標に当てはまるかを話し合った。さらに、その課題をどうすれば解決できるか議論。リソースカードと呼ばれる「学校」「ロボット」などのキーワードが書かれたカードをヒントに、解決策を出し合った。

「今困っている(取り残されている)人」というお題に対してレゴブロックで作品を作成する様子。みんなで作った作品を発表し合い、当てはまりそうなSDGsの課題目標を議論。

リソースカードをヒントに、SDGsの課題目標に関する解決策のアイデアを出し合った。

子どもたちと一緒にアイデアを出し合ったスペシャルサポーターの鈴木福さんは、「影響力を持った人に世界の問題について発信してもらう」というアイデアとして「テレビに出る人間として貢献していきたい」とコメント。こども国連環境会議推進委員会事務局長で、本イベントを進行した井澤友郭さんは、今回のワークを通じて「自分と世界が繋がっていること」「誰も取り残されない世界」を感じてほしいとメッセージを送った。

このイベントの記録は、グラフィッカーの奥野美里(同志社大学大学院)さんによってグラフィックレコーディングにまとめられ、6月28日から開催されるG20大阪サミットで掲出される予定。

当日の取り組みや議題に出た社会問題をまとめたグラフィックレコーディングの一部。

SDGsについて詳しく知りたい方に
アマアゾンベストセラーのSDGs決定版の2冊!

SDGsの基礎
編:事業構想大学院大学 出版部
定価:1800円+税
ページ数:180ページ

SDGsの基礎

SDGsの基本的な内容や、事業にどう役立つのか知りたい人などにおすすめ。SDGsの成り立や政府の取り組みはもちろん、企業の取り組みも多数紹介。CSR経営・CSV経営の延長としての位置づけはもちろんのこと、社会課題を収益事業として取組むこと(本業化)も期待されるSDGs。企業がSDGsをどのように捉え、どのように取組むべきかのヒントになる1冊。


 

SDGsの実践~自治体・地域活性化編~
編:事業構想大学院大学 出版部
定価:1800円+税
ページ数:190ページ

SDGsの実践~自治体・地域活性化編~

『SDGsの基礎』に続くシリーズ第2弾。地方自治体としてSDGsを理解・活用したい、地域課題を解決する人材を育成したい、地域課題の解決に向けて行政・民間・教育機関などさまざまな立場で協力したい、といった人に向けた1冊。自治体職員や地域活性に取り組む地域企業の方々を念頭に、考え方や取り組み事例等を紹介。巻末には、「自治体SDGsガイドライン」にも掲載されているグローバルの指標を、地域・自治体向けの指標に置き換えた一覧表を掲載。

Follow Us