コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

役者は勘違いさせてナンボ(ゲスト:三上博史)【前編】

share

40分ノーカットで撮影した映画

澤本:僕は本当にお聞きしたいことがいくつかあるんです。最近、出られていた映画『LOVEHOTEL に於ける情事とPLANの涯て』を拝見したんですけど、あれはワンカット撮影なんですか?

三上:ありがとうございます。どこまで言っていいのかなと思うんだけど、僕は言っちゃっていいと思うんですよね。黒味(くろみ)で繋いでたりするので、何カットかには分かれてるんですけど、それにしてもフィックス(カメラと画像を固定したまま撮影する)なので、その間は絶対に切れないですよね。なので、よく見る必要は全然ないんですけど、40分ぐらいのカットが2つ入ってます。

澤本:40分回しっぱなしということですよね。凄いな。

三上:回しっぱなしです。だから事前に稽古をとにかくやって、カメラポジションからアングルの角度まで全部稽古で線を引いて、その中だけで芝居するんですけど、それだけだと嘘くさいじゃないですか。だからオフをどこで使うかも。

澤本:一回、画面から出ていったり。

三上:そう、それも全部計算して、稽古をしたつもりなんですよね。

澤本:どこまで言っていいかわからないけど、シチュエーションがラブホテルで、そこにカメラが定点で置いてあると、ものすごくやらしいんだなと思いました。カメラ割りせずにずっと撮ってるから、逆に僕がどこかに隠れて、ラブホテルでやってることを覗いている感覚になって。とてもエロい気持ちになりました。

権八:見る側が覗き見してるようなね。凄い作品ですよね。これを聴いてる方は何となくわかるような、わからないようなだと思いますけど、とにかく長回しで。

三上:ということはね、演者が素っ裸にされるわけですよね。全部出ちゃうから、まずそれを役者が覚悟できるか。そのうえで整えていけるかということなんですけど、今回は本当に仲間に恵まれましたね。一緒にやった酒井若菜さん 波岡一喜くん、本当に役者としてやりあうことが楽しかったですね。

澤本:もちろんセリフがあると思うんですけど、あんなに長かったら、セリフ間違えることも?

三上:あぁもう、山ほどありますね(笑)。

澤本:でもそれはそれなりでやっていくということですかね?

三上:僕が出てないところもあるんですけど、出てるところ、ほとんどワンテイクです。

澤本:え、ワンテイク?

三上:2回撮影やってないです。だって40分を1日に何回もできないでしょ。あのテンションなので、できないことはないけど、それ以上のことは絶対に出てこないと僕は思ってるので、少々のことは目をつぶってくださいと言って。ワンテイクです。

澤本:凄い。映画全体でそんなにいっぱいテイク撮ってないということですか?

三上:うん、3日で終わったから(笑)。細かいところは日にちかけてますけど。

権八:そういうことになるよね。凄い映画ですよね。

澤本:本当にリアルじゃないですか。バーンと押し倒すときはこれセリフじゃないんだろうなという。「ギャー」と言ってたりするから。ああいうのはアドリブですか?

三上:(笑)。ただ基本はアドリブない指針なんです。台本通りに、余計に足してもいないし。僕はそういうのあまり好きじゃないので。そうやってやればやるほどナチュラルに見えるでしょ? と思うかもしれないんだけど、逆にナチュラルじゃなくなっていくんですよね。よっぽどアドリブでうまい場合はありますけど、足せば足すほどダメになると僕は思います。

次ページ 「映画『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』は舞台のような作品?」へ続く

Follow Us