広告電通賞が示す未来 第72回受賞作品 日本の広告・コミュニケーションの最先端

share

【関連記事】
広告からサービスへの拡張 広告電通賞の受賞作品から見るコミュニケーションの今とこれから

今年で72回目を迎えた「広告電通賞」。広告主が選ぶ広告主のための賞であることが特徴で、選考委員の9割近くが広告主で構成される。また約500名もの選考委員が全国5地区で選考することから、その時々の広告クリエイティブが網羅もされている。広告の「次の一手」を考えるきっかけになる「広告電通賞」。受賞作の一部を紹介する。

デジタル×リアルの統合コミュニケーション

パナソニック/パナソニック補聴器「BirdHearingTest」

デジタルコミュニケーション 最高賞

自覚がないまま進行する加齢性難聴。早期発見を促すため、野鳥のさえずりで聴力テストができるスマホサイトを制作。GPS、地形、野鳥の生態データを解析するこのサイトを使えば、簡単に野鳥を発見し、さえずりで聴こえをチェックできる。日本中の森を聴力テストの場に変えた。

三和交通「TaxiWhistle」

アクティベーション・プランニング:ブランド金賞

アプリでタクシーを呼べる時代になったが、高齢者はデジタルが苦手。ホイッスル型デバイスの「Taxi Whistle」は吹くことにより、Bluetoothで連動しているスマホから位置情報を伝達。吹くだけのワンアクションで三和交通のタクシーが迎えに来るサービスを実現した。

調査に基づき時事性を取り入れて、「広告」のアテンションを高める

セイコーホールディングス「時を休もう。」

OOH広告:インフルエンス 金賞

生活者に時間についての意識や実態を探る調査を実施し、日本人が時間に追われていることが判明。6月10日「時の記念日」にちなんで、日本の「時」のシンボルである銀座・和光の時計を、6月9日(土)・10日(日)の2日間にわたり隠した。時間について見つめ直すきっかけを与えた。

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン「1000人の就活生のホンネ」

フィルム広告:企業・公共I 銀賞

全国の就職活動経験者の男女1,000人に「就職活動に関する調査」を実施し、就職活動生の81%が「企業に合わせて自分を偽ったことがある」と答えた。それをうけ、「パンテーン」は“現代の就活生が、ありのままの姿で、自分らしく就職活動できること”の実現を目指しキャンペーンを実施。

読者・視聴者から、さらにその先へと拡散する「広告」

福島民報社「おくる福島民報」

アクティベーション・プランニンク ゙最高賞
プリント広告:新聞-企業・公共金賞
フィルム広告:企業・公共II銀賞

福島県民の日に、震災後の思わぬ事情で故郷福島を離れた県民に向けて、地元紙『福島民報』を手紙としておくることができるようにした紙面企画。

大日本除虫菊「買うまでが広告です。」

プリント広告:新聞-シリーズ 銀賞

「ゴキブリの絵を見るのもイヤ」という声に応え包装フィルムをはがせる「脱皮缶」を開発。スマホ撮影で飛び出してみえる仕組みと共に話題に。

ロッテ「お絵かき爽ハッピー」

アククティベーション・プランニング:セールス 金賞

「爽」が四角いことから、お絵かきのキャンバスになると提案。アイスで彫刻をつくれるスプーンを配布し、さまざまな作品が生まれて共有された。

社会に対する視座、企業の社会的責任・発信

日本フィルハーモニー交響楽団「耳で聴かない音楽会」

特別賞/イノベーティブ・アプローチ 最高賞

あらゆる人に音楽の楽しみを届けることを使命として掲げる日本フィルハーモニー交響楽団は、音を光や振動に変える音楽デバイスSOUNDHUGを開発。聴覚障害のあるなしに関わらず一緒に楽しめる『耳で聞かない音楽会』を開催。テクノロジーによる音楽のバリアフリーの実現を目指した。

中京テレビ放送「BREASTCANCERCHECK!」

名古屋地区広告賞

看板アナウンサーが乳がんの闘病のために休業をすることになり、視聴者、社員が当事者意識を持つきっかけに。そこで乳がんのセルフチェックの方法が瞬時に理解できるマークを開発し、キャンペーンを実施。指3本でセルフチェックができることを展開し、乳がんについての啓発を行った。

事業が多様化する時代のブランドコミュニケーション

そごう・西武「母の日テスト」

フィルム広告 最高賞/プリント広告:新聞-商品・サービス 銀賞

「母の日は、ちゃんと母を知る日にしよう。」というメッセージを伝えるために企画した「母の日テスト」。それは、母親の好きなものや、子どもへの想いなど、意外と難しい問題が100問あるテスト。母親へのテストの答え合わせを通して生まれるコミュニケーションを描いた。

味の素「生活者の食と栄養の課題解決に貢献「。勝ち飯®」の普及と実践。」

アクティベーション・プランニング:ブラント ゙銀賞

勉強、スポーツと頑張っている子どもを応援したい親に向けて、トップアスリートの食事で培ってきた栄養プログラム「勝ち飯®」を提案。認知、理解向上の施策から、家庭で取り組んでもらうための活動、自治体との連携などを通して誰もが健康になる社会づくりを目指した。


お問い合わせ
広告電通賞審議会事務局

〒105-7001
東京都港区東新橋1-8-1 (株)電通内
TEL:03-6216-6216
E-Mail:d2award@dentsu.co.jp
URL:https://adawards.dentsu.jp/

Follow Us