キー局5社が共同で「一緒にやろう2020」プロジェクトをスタート

share

在京民放キー局5社(日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョン)は7月から、2020年の東京オリンピックに向けて「日本民間放送連盟 東京オリンピック共同企画検討特別プロジェクトチーム」を発足。共同企画「一緒にやろう2020」プロジェクトをスタートした。

プロジェクトをけん引する各社のプロデューサーは、髙橋利之氏(日本テレビ放送網)、加地倫三氏(テレビ朝日)、江藤俊久氏(TBSテレビ)、伊藤隆行氏(テレビ東京)、黒木彰一氏(フジテレビ)。電通の澤本嘉光氏もクリエイティブ・ディレクターとして参加している。

メインテーマは「一緒にやろう2020」。サブテーマには「史上最も美しい五輪へ」を掲げ、視聴者参加型の社会貢献企画やイベントなどを実施していく予定。民放共同・応援ソングは桑田佳祐さんが手がける。

活動の第1弾として、7月24日に5社横断のメッセージムービーを公開した。

 

ムービーは、各局を代表する番組の出演者などが、ひとつのメッセージを読みつないで共同企画の主旨を説明する内容となっている。在京民放キー局5社の情報番組などで放送。

【メッセージ】
私には難しいことでも、私達にはできる。
誰かの悩みは、誰かのアイディアが解決してくれる。
誰かのアイディアは、誰かの技術が実現してくれる。
そうやって実現された2020年の日本から、世界はきっと変わり始めるだろう。
一緒にやろう。
きっと、何かが大きく動き出す。
できることは、色々ある。
例えば、一緒に世界をきれいにしてみよう。
心も綺麗に、街も綺麗に。
みんなが敬意を払い合う社会も、ゴミのないきれいな街も、一緒なら、夢じゃない。
まずは、テレビ局が一緒にやろう。
その足し算の答えは、きっと無限大。
一緒にやろう2020

スタッフリスト

企画制作
電通、ギークピクチュアズ
制作
日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、フジテレビ、テレビ東京、ギークピクチュアズ
ECD+企画
澤本嘉光(電通)
EPR
髙橋利之(日本テレビ放送網)

加地倫三(テレビ朝日)

江藤俊久(TBSテレビ)

黒木彰一(フジテレビ)

伊藤隆行(テレビ東京)
CD
嶋野裕介(電通)
CW
上田浩和(電通)
AD
辻岡翔(電通)
企画
奈雲政人、野本かもめ(電通)
AGPR
田口裕(電通)
PR
早坂匡裕(ギークピクチュアズ)、長谷川武徳(同)
PM
武井瑞穂(同)
演出
住出健一(同)
ED
高橋貴也(同)

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us