東京パラリンピックまであと1年 聖火ランナーユニフォームも発表

share

東京2020組織委員会は8月25日、NHKホールにて「東京2020パラリンピック1年前カウントダウンセレモニー」を開催した。パラリンピック開幕までちょうど1年を記念して行われた本会。東京2020組織委員会会長の森喜朗氏や小池百合子都知事、国際パラリンピック委員会(IPC)副会長のドゥエーン・ケール氏も登壇し、1年後の開催に向けて意気込みを語った。

パラリンピック1年前カウントダウンセレモニーがNHKホールで行われた。

オープニングを飾ったのは、パラリンピック正式種目であるボッチャの協会テーマソングを担当しているアーティストのKREVA。また、パラリンピック22競技種目すべてを東京2020パラリンピックマスコット ソメイティが実演するアニメーションも初披露された。

森氏は、「今大会では、史上初、オリンピックとパラリンピックのプロジェクトが一緒に推進される。共生社会実現の足がかりになってくれれば」と語った。

その後、日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会の鳥原光憲氏と2016年リオデジャネイロパラリンピック 車いすテニスで銅メダリストを獲得した上地結衣氏と国枝慎吾氏が、パラリンピック開幕日である8月25日を「ジャパンパラリンピックデー」とすることを宣言した。

パラリンピック聖火ランナーユニフォームも発表

また式終盤には、東京2020パラリンピック聖火リレー公式アンバサダーの田口亜紀氏と、セレモニーで発表となった聖火ランナーユニフォームを身にまとった、女優の石原さとみ、お笑い芸人のサンドウィッチマンが登壇。

デザインのコンセプトは「Share Your Light(あなたは、きっと、誰かの光だ。)」。デザインの監修をN.HOOLYWOODの尾花大輔氏が行った。黄金の市松模様が、中心の聖火台のモチーフに向かって集まっていくようなデザインとなっている。

今回、47都道府県で採火を行うことと、聖火リレーが3人1組で行われることを受け、寄せられた思いや熱意が、聖火台につながる様子を表現した。石原さんは、「中央の聖火台に向かって温かさを感じるデザインがとても素敵。47都道府県すべてで採火イベントが行われるので、自分のふるさとではどんなイベントになるか、楽しみにしてもらえれば」とコメントした。

(左から)東京2020パラリンピック聖火リレー公式アンバサダーの田口亜紀氏、女優の石原さとみ、お笑い芸人 サンドウィッチマンの2人。

Follow Us