阿部広太郎氏×田中泰延氏「宣伝会議賞」トークイベント前編 書きたいだけ書けるのが「宣伝会議賞」

share

第57回「宣伝会議賞」の募集が始まって数日が経過した9月6日、トークイベントが開催された。当日は自身も「宣伝会議賞」応募・受賞経験を持ち、現在は「宣伝会議賞」中高生部門審査員を務める阿部広太郎氏と、「青年失業家」を名乗る元・電通コピーライターの田中泰延氏がトークを繰り広げた。今回はイベント前半、2名のフリートークの様子を紹介(本文中・敬称略)。

左から、阿部 広太郎(あべ こうたろう)氏、田中 泰延(たなか ひろのぶ)氏

コピーライター阿部広太郎氏と「宣伝会議賞」の関わり

田中:阿部さんが「宣伝会議賞」を知ったきっかけは?

阿部:「宣伝会議賞」の存在を知ったのは大学生の頃でした。書店で『宣伝会議』の雑誌や街中のポスターを見て知りましたね。

田中:「宣伝会議賞」と「コピーライター養成講座」って、とてもかわいい人のビジュアルと、すっとしたコピーのポスターでしょ。今日、会場に来ている人たちはコピーライターとかアートディレクターを目指している人が多いと思いますが、広告の仕事をしていると「来月、あのポスターの子に会いたくない?」っていう願望が案外、実現したりしますよ(笑)。

阿部:「宣伝会議賞」に本格的に応募を始めた理由は、仕事の中でなかなか企画が通らなかったり、コピーがうまく書けなかったりで。少しでも成長したかったし、少しでも自分という存在を知ってもらう機会をつくりたいと思っていたんです。時間だけがすぎる焦りとか、表現への渇きとか、いろんな気持ちが混ざっていましたね。「宣伝会議賞」の取り組み方としては、とにかく書いて、行き詰まったら『SKAT』(*編集部注)を読んでいました。

田中:みなさん、S・K・A・Tですよ!あの分厚い辞書みたいな。

阿部:『SKAT』ってSenden Kaigi Award Textの略なんですね。ほぼ全部を買って、今でも会社の引き出しに入れてあります。「宣伝会議賞」のコピーを書き続けていると、深呼吸したくなることがあるんですけど、そんな時は『SKAT』を眺めながら一息ついていました。

阿部さんのデスクの引き出しに入れられた『SKAT』。

田中:阿部さんは、いつから応募していたの?

阿部:2008年からチャレンジしていました。電通に入社して新卒で配属された人事部の時に試しに25本応募して。

田中:25本の応募で一次審査を通過したら一流コピーライターよ!(笑)

阿部:いや、本当ですよね(笑)。2009年、人事からクリエーティブに転局した後は、200本出しましたけど、一次通過は3本だけでした。

田中:200本。阿部さんって、電通に入社した後、最初は人事だったの?あ~会社もよく見てるね~人事っぽいよね!ふざけたところが全然ないよね、まじめだもん。まあ、僕の方がまじめですけどね。

会場:(笑)

阿部:2010年、コピーライター2年目の時は、1800本書きました。これは受賞できるんじゃないか?と思ったんですけど、二次通過が1本しかありませんでした。9月から始まって、当時、ハロウィンが盛り上がる頃にちょうど「宣伝会議賞」が締切だったんですよね。しんどいけどたのしい、たのしいけどやっぱりしんどいこの日々を、来年こそ終わりにしてやる、と意気込んで。翌年の2011年、2223本書きました。

田中:なんで2222本にしなかったの?

会場:(笑)

阿部:……たしかに!!(笑)。そこで、ブラザー販売さんの課題で協賛企業賞を受賞して、自分の「宣伝会議賞」生活を終えました。

阿部広太郎さんの「宣伝会議賞」応募本数の経過。「CR」は、クリエーティブ。

取り組む幅を広げれば受賞につながる課題との出合いも

阿部:「宣伝会議賞」の特権って、コピーを出したいだけ出せることだと思うんです。書いて、書いて、書いて、その中で自分なりに手応えを掴んでいく。もちろん、ただ闇雲に本数を増やせばいいという訳ではないのですが、書きたくて仕方がない人は、意識的に量に取り組むのもひとつの手だと思っています。

例えば、僕の主宰する「企画でメシを食っていく」という講座で出会った山本真梨子さん。彼女は、2017年に「コピーライター養成講座叩き上げコース」にも通っていて。「宣伝会議賞」を受賞するまでの本数を聞いてみたんです。

2016年は128本しか出さなくて1本の通過。2017年も応募本数を増やしたけど通過せず。2018年に覚悟を決めて2056本出したそうなんです。そうしたら、シルバー(大同メタル工業「安全な部品は、ニュースにならない。」)と協賛企業賞(清水建設「人間だけじゃ、行けない未来へ。」)を受賞しました。

山本さんはこう言います。「最初は1000本目標だったけれど、途中で2000本目標に切り替えました。1000本のままだったら受賞した2つの課題は避けていた気がします」と。「宣伝会議賞」は、課題との出合いも大切なんですね。

田中:2000本。2000本で3つ受賞したらね、「せんだみつお」っているでしょ。1000個言って本当のことは3つって意味らしいんですけど、こっちは2000ですね、「にせんだみつお」ですね。

阿部:「にせんだみつお」を合言葉に(笑)。

田中:数がいかに大事かという話をすると、ジャンボ宝くじ500万枚買えば1等が当たるんですよ!これは間違いない。今日はこの話だけでも覚えて帰ってください。

会場:(笑)

田中:私、よく女性に「写真撮って」って頼まれるんですけど、いきなり1000枚くらい撮ります。「なんでそんなに撮るの!やめて〜!」って言われるんですけど、僕らが広告つくる時にね、すごい美人のモデルがスタジオできれいな衣装を着てばっちりヘアメイクしても、採用されるのは1000枚撮っても1枚。普通の人は1万枚くらい撮らなきゃきれいに撮れない。素人が素人の写真を1枚撮ったら絶対ブサイクになりますよ。でも、コピーもそうなんですよ。

*『SKAT』とは
「宣伝会議賞」の一次通過以上の作品をすべて収録した書籍。グランプリ作品はもちろん、審査員の講評なども掲載している。

阿部 広太郎(あべ こうたろう)氏
電通 コピーライター

「宣伝会議賞」中高生部門審査員。BUKATSUDO講座「企画でメシを食っていく」主宰。11/3(祝・日)に「企画祭〜湯気ある時間〜」を開催。自分の仕事を「言葉の企画」と捉え、作詞、商品企画、映画やテレビ番組のプロデュースなど、コンテンツ開発を担う。映画「アイスと雨音」「君が君で君だ」舞台「みみばしる」プロデュース。ドキュメンタリー番組「ベッキーと未知との対話」企画・プロデュース。シンガーソングライター向井太一「FLY」「空 feat. SALU」「Blue」共作詞。さくらしめじ「先に言うね」「お返しの約束」「同じ雲の下」作詞。著書に、『待っていても、はじまらない。-潔く前に進め』(弘文堂)。Twitter:@KotaroA

 

田中 泰延(たなか ひろのぶ)氏
青年失業家

1969年大阪生まれ。電通でコピーライターとして24年間勤務ののち、2016年に退職、「青年失業家」を名乗り活動を始める。「街角のクリエイティブ」での映画評論「田中泰延のエンタメ新党」は200万ページビューを超える連載となる。2019年6月12日に初の著書『読みたいことを、書けばいい。』(ダイヤモンド社)を上梓。Twitter:@hironobutnk

 

現在、第57回「宣伝会議賞」特設サイトを開設しており、11月6日まで応募を受け付けています。第57回「宣伝会議賞」の応募要項、課題一覧を掲載した月刊『宣伝会議』10月号、課題のオリエンを掲載している月刊『宣伝会議』11月号(10月1日発売)は、現在絶賛発売中です。

Follow Us