東京での開催は今年で4回目 「YouTube Brandcast 2019 Japan」が開催に

share

Googleは11月13日、「Brandcast 2019 Japan」を両国国技館にて開催した。本イベントは広告主、広告会社などYouTubeを活用する企業を対象に、動画プラットフォームYouTubeの最新のユーザーの利用実態、YouTubeを活用して活躍するクリエイターたちの活動などが紹介された。これまでにニューヨークやシドニー、ロンドンなど世界各地で開催されており、東京での開催は今年で4回目となる。

イベントの冒頭にはGoogle global YouTube/Video Solutions Vice Presidentのデビー ウェインステイン氏が登壇。YouTubeにおけるキーワードとして「massively personal」を挙げた。

Google global YouTube/Video Solutions Vice Presidentのデビー ウェインステイン氏。

世界のユーザーは20億人、日本のユーザー(18~44歳)は3000万人を超え、100万人以上の登録者を持つチャンネルが170に増加(昨年比80%)。また、個人の嗜好にあった多種多様な動画が存在し、それらの中から個人にあったおすすめ動画が表示され、全体としても7割がおすすめ動画から視聴されているという。

YouTubeは、こういった大規模なリーチと、高いエンゲージメントを実現できている、「massively personal」なメディアだと、ウェインステイン氏は話した。

イベント内では、YouTubeを活用する広告主が登壇してのプレゼンテーションも行われた。そのうちのひとつには、ソフトバンク コミュニケーション本部 コミュニケーション統括部 統括部長の牛田裕章氏が登壇。牛田氏は大きく3点の成果を話した。

ひとつは、テレビCMの補完として、若年層のリーチを大幅に増加できたこと。2つ目は、興味関心などによるターゲティングでのスモールマスへのアプローチができたこと。最後に、コンバージョンを促進するための「TrueView アクション」を活用した、店舗への予約申し込みの増加だという。

ソフトバンク コミュニケーション本部 コミュニケーション統括部 統括部長の牛田裕章氏。

その他、サントリーコミュニケーションズ 宣伝部長の鈴木あきこ氏、サンライズ 代表取締役社長の浅沼誠氏、パシフィックリーグマーケティング 事業開発本部 本部長の園部健二氏らが登壇した。

他にもイベント内では、X JAPANのYOSHIKI、YouTubeクリエイターのkemioも登場。YOSHIKIは、2020年3月に「YouTube Originals」にてドキュメンタリーを公開すると発表した。

X JAPANのYOSHIKI氏。

Brandcast後は、「YouTube Music Night」が開催に。YouTubeに公式チャンネルを持つアーティストとして、奥田民生、SHISHAMO、GLAYが出演した。

Follow Us