興和が首位、2020年正月テレビCM本数 出演者はももクロ・ムロツヨシがトップ2

share

ビデオリサーチは6日、2020年の正月の三が日に関東地区で放映されたテレビCMの動向を発表した。企業別のCM本数は、興和(キューピーコーワなど)が最も多かった。タレント別ではももいろクローバーZ、ムロツヨシ、斎藤工がトップ3となった。

 

本データは同社グループのビデオリサーチコムハウスが、関東・関西・名古屋地区におけるテレビCMのオンエア状況を調査している「テレビ広告統計」のデータを元に、2020年1月1日午前0時~1月4日午前0時に関東地区(日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)でオンエアされたCMについてまとめた(速報値)。

今年の正月三が日では、企業数で625社、CM本数で1万1572本のテレビCMが関東地区で放映され、2019年の590社・1万1881本から本数は微減となったが社数は増えた。

企業別では、1位の興和は前年4位だったが、2位以下を大きく引き離した。2位以下はダイハツ工業、スズキ、本田技研と続き、近年同様、自動車メーカーが上位を占める結果となった。このほか、前年ではトップ10圏外だったハウス食品(前年39位)、小林製薬(同35位)、ハウスウェルネスフーズ(同15位)がトップ10入りしている。

 

<企業別 テレビCM本数>

1位 興和(507本・7605秒)
2位 ダイハツ工業(342本・5130秒)
3位 スズキ(302本・4530秒)
4位 本田技研(220本・3465秒)
5位 コナミホ-ルディングス(206本・3090秒)
6位 東建コーポレーション(195本・2925秒)
7位 ハウス食品(173本・2595秒)
8位 スクウェア・エニックス(170本・2550秒)
9位 小林製薬(153本・2295秒)
10位 ハウスウェルネスフ-ズ(138本・2070秒)

商品・サービス別では、コナミホ-ルディングス、東建コーポレーションが前年に続きトップ2に。3位以下を大きく引き離した。5位のLilith Games「Rise of Kingdoms 万国覚醒」、9位のスクウェア・エニックス「星のドラゴンクエスト」など、今年もオンラインゲーム関連CMの出稿が目立っている。

 

<商品・サービス別 テレビCM本数>

1位 コナミホ-ルディングス(206本・3090秒)
2位 東建コ-ポレ-ション(195本・2925秒)
3位 ダイハツ Tanto CUSTOM(132本・1980秒)
4位 ダイキン工業(119本・3570秒)
5位 Lilith Games「Rise of Kingdoms 万国覚醒」(114本・1710秒)
6位 アマゾンジャパン(109本・1710秒)
7位 オ-プンドア トラベルコ(107本・1605秒)
8位 U-NEXT(104本・1560秒)
9位 スクウェア・エニックス「星のドラゴンクエスト」(101本・1515秒)
10位 コ-ワ「キュ-ピ-コ-ワゴ-ルドαプラス」(100本・1500秒)

タレント別では、「スズキ スイフト」「スズキ クロスビ-」などのCMに出演していた、ももいろクローバーZとムロツヨシが上位に。特にムロツヨシは前年20位圏外で、大幅に増加した。3位は「コ-ワ キュ-ピ-コ-ワαドリンク」「桧家ホ-ルディングス」などのCMに出演していた斎藤工だった。

 

<タレント別 テレビCM出演本数>

1位 ももいろクロ-バ-Z(306本・4650秒)
2位 ムロツヨシ(304本・4560秒)
3位 斎藤工(231本・3660秒)
4位 米倉涼子(225本・3375秒)
5位 遠藤憲一(171本・2625秒)
6位 大泉洋(169本・2715秒)
7位 高橋一生(166本・2640秒)
8位 菜々緒(158本・3300秒)
9位 草刈正雄(155本・2325秒)
10位 出川哲朗(154本・2595秒)

Follow Us