丹青社「インターネットミュージアム」が自宅で企画展や常設展を楽しめる動画を公開中

share

丹青社は、ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト「インターネットミュージアム」で、ミュージアム動画をオンラインで公開している。文化施設や展示に関する専門的な知見を持った担当者が自ら取材・撮影・編集を実施。公式YouTubeチャンネルは2011年に開設、4月15日時点で4191本の動画を公開中。コンテンツは今後も順次追加される予定だ。

動画の内容は、企画展・常設展の様子を伝えるもの。同サイトで公開されている取材レポートと合わせて視聴することで、自宅にいながら全国各地の企画展・常設展のようすを楽しむことができる。

取材レポートとYouTube掲載動画(「すみだ美術館」過去の企画展より)

この取り組みに対し、同サイトの広報室は「写真だけではわからない展示品を、動画では感じることができる。この動画がきっかけでミュージアムに興味をもつきっかけを届けたい」とコメントしている。

また、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、ミュージアム・博物館・美術館は軒並み休館。そこで、準備が整いながら開催ができない企画展・特別展の様子を紹介するため「新型コロナウイルス感染症対策により開幕延期・中止になった展覧会」も4月12日から公開している。

「インターネットミュージアム」は、丹青社が運営している日本最大級のミュージアム情報サイト。1996年のサイトオープン以降、全国約7,900館のミュージアム情報と年間2,000件以上の企画展・イベント情報を発信している。

Follow Us