保育園に配達ロッカー セブン&アイ、ネットスーパー利用促す

share

セブン&アイ・ホールディングスは6月8日、保育園にイトーヨーカドーのネットスーパーの商品を配達するサービスを開始した。試験運用として「うぃず西新井保育園」(東京・足立)にロッカーを設置した。対象店舗は「イトーヨーカドー ネットスーパーアリオ西新井店」。

子どもの送り迎え時に商品を受け取れるようにし、利用促進を図る。商品は、購入時の「お問い合わせ番号」をロッカーに入力すると受け取れる。冷蔵、冷凍、常温に対応。

事業者と消費者を結ぶ最後の区間、いわゆる「ラストワンマイル」の取り組みの一環。セブン&アイはグループ各社で「ラストワンマイル」に注力している。

セブン-イレブン・ジャパンでは6月8日付で、企画本部の「ラストワンマイルプロジェクト」に、商品本部の「デジタル推進」を移設。「ラストワンマイル推進部」に改組した。部長は藤田重人・執行役員(旧職=イノベーション開発部長)、総括マネジャーは新居義典氏(旧職=ラストワンマイルMD部デジタル推進総括マネジャー)が務める。

Follow Us