メルカリ、台湾で越境ECをスタート

share

メルカリは8月12日、台湾で越境ECをスタートすると発表した。東南アジア・台湾で最大規模のマーケットプレイス「Shopee(ショッピー)」と連携。日本国内からフリマアプリ「メルカリ」に出品された商品を、台湾の購入者がショッピー上から閲覧・購入できる仕組みだ。

メルカリは、「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」をミッションに、2019年11月から100カ国以上での越境販売を行ってきた。その結果、特にアジア圏からの需要が見込めたため、アジアの7つの市場で展開するショッピーとの連携を決めた。東南アジアでの展開を見越して、まずは台湾での越境販売を始める。

運用には、越境ECのインフラ構築サポートを提供するBEENOSグループが協力。台湾から注文が入ると、同社の代理購入用アカウントがメルカリ上の商品を代理で購入し、検品・梱包から発送までを担う。

なお、2020年4月に台湾で行った実証実験では、ハイブランド品やキャラクターグッズが人気カテゴリーだった。

Follow Us