最終回は最大視聴人数、約2743.3万人 「半沢直樹」の視聴人数をビデオリサーチが推計

share

ビデオリサーチは、全10話が放送されたドラマ「日曜劇場・半沢直樹」(TBS系)における、日本全国での「到達人数・平均視聴人数」を推計して、発表した。

調査によると、7月19日の放送開始から9月27日の最終回まで、全10話のうちいずれかをリアルタイムで視聴した人数(到達人数)は日本全国で約6658.8万人。また、最大視聴人数に到達したのは最終回の9月27日21時58分。中野渡頭取(北大路欣也)と半沢直樹(堺雅人)が最後に二人で話すシーンで、約2743.3万人が記録された。

「日曜劇場・半沢直樹」を放送していた28局で日曜日21:00~放送された全10話それぞれの放送回まで(2話であれば、1話と2話の累積)の個人全体4才以上における、全国32地区累積到達率(1分以上)から推計。

今回の推計は、ビデオリサーチが2020年4月に開始した新視聴率調査による「全国32地区 テレビ到達率・視聴率」を用いた。同調査では全国で調査設計を統一。これまで大都市のみで行っていたタイムシフト視聴率や個人視聴率の取得が全国で可能になっている。

【参考】「日曜劇場・半沢直樹」各放送回の到達人数・平均視聴人数

・到達人数
個人全体4才以上における1分以上の番組視聴を“見た”と定義し、その番組をどれだけの人が視聴したのか(到達したのか)を推計した値。
・平均視聴人数
その番組の放送時間を通じて、平均でどれだけの人が視聴していたかを推計した値。

Follow Us