メ~テレが名古屋セントラルパークに30面のサイネージ設置 地域の文化創造に寄与

share

名古屋テレビ放送(メ~テレ)は10月26日、名古屋市栄にあるセントラルパーク地下街に30面のデジタルサイネージを設置した。広告配信プラットフォームの運用・管理を担うLIVE BOARD、ネットワーク型デジタルサイネージシステムを提供するデジタルクルーズ、地下街を管理するセントラルパークの各社と共同で運用を行う。

広告枠として26日から販売を開始しており、今後、CM放映やメ~テレの番組宣伝動画、映画告知等を配信する予定。

同社は9月18日、名古屋テレビ塔や商業施設が位置する「Hisaya-odori Park」内でも大型ビジョンの運用を開始。2つのメディアを通じて、地域の利便性向上に資する情報を発信し、名古屋市・栄地区の新たな文化創造に寄与していくとしている。

名古屋テレビ塔とHisaya-odori Parkの真下に位置するセントラルパーク地下街は、11月6日にリニューアルオープンを予定。リニューアルにあたっての新CMの放映も行う。

デジタルサイネージの設置場所イメージ

9月18日から運用開始したHisaya-odori Park地下広場の大型ビジョン。

Follow Us