「顧客体験価値(CX)ランキング2020」ディズニーが首位、くら寿司が次点に

share

インターブランドジャパンは11月11日、「顧客体験価値(CX)ランキング2020」を発表。首位は昨年17位だった「ディズニー」がランクインした。第2位は回転寿司チェーンの「くら寿司」、第3位はスーパーマーケットの「オーケー」となった。

1位~50位までのランキング。

同ランキングは、国内で「顧客体験価値(CX)調査」を実施し、顧客視点でのすべての体験を通じたブランドの「顧客体験価値(CX)スコア」を数値化して分析したもの。

1位のディズニーは、特に30代以下からの高い支持を得た。例えば「ディズニーリゾートのごみ箱の工夫」など、コロナ禍でもカスタマーファーストを貫いた企業姿勢が評価されている。「ディズニーランド」も7位にランクインした。

トップ20のうち9ブランドは昨年に引き続きTop20にランクイン。そのうち「ディズニー」を除く8ブランド(オーケー、JAL、任天堂、サントリー、ファンケル、ANA、じゃらん、味の素)は、昨年とのスコア差が±1.00以内となりCXを維持していることが分かる。

Follow Us