三菱地所がバーチャル空間に“丸の内”を再現、イベントやカンファレンスに活用

share

三菱地所は1月20日、丸の内をバーチャル空間に再現した「バーチャル丸の内」を制作したと発表。協業するクラスター社が提供するアプリ上で、丸の内ビル1階のイベントスペース「マルキューブ」などを再現した。一般公開は2月21日から。

「バーチャル丸の内」上の「マルキューブ」のイメージ。

「バーチャル丸の内」内の「マルキューブ」には、映像配信が可能なイベントステージを設置。イベントやカンファレンスなどのライブ配信を行うことができる仕組みだ。

ユーザーは、世界中のどこからでもイベントに参加することができる。アバターを介してコメントをしたり、エモーション機能によってハートや拍手を送ったり、様々な色のペンライトを振ったりと、反応や感情を伝えることもできるようになっている。

「バーチャル丸の内」のイベントステージ。ユーザーはコメントを書き込んだり、ハートや拍手を送ったりすることができる。

ローンチ日には、オープニングイベントとして「バーチャル丸の内フェス」(主催:よしもと有楽町シアター)を開催予定。リアル会場「よしもと有楽町シアター」で行われるライブを「バーチャル丸の内」上で生配信する企画だ。

紅白に分かれて芸人たちが競い合い、リアル会場の参加者と「バーチャル丸の内」内の参加者との投票でチームの勝敗を決める、参加型のイベントとなっている。

「バーチャル丸の内フェス」は2月21日13:00~19:10に開催予定。

三菱地所は「今後、さらなるデジタル空間の拡大・展開とともに、新しい生活様式の中でも人が集まり、体験を共有できる場所として活用いたします」とコメントしている。

Follow Us