ドン・キホーテ、PBをリニューアル 「ダメ出し募集サイト」も開設

share

パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスは2月24日、ドン・キホーテのPB(プライベートブランド)「情熱価格」のリニューアルを発表した。顧客とともにつくる「ピープルブランド」を目指し、ロゴやパッケージを刷新するという。

この日行われた記者発表会には代表取締役社長CEOの吉田直樹氏が登壇。「『情熱価格』がいまひとつ面白みに欠ける普通のPBになってしまっていた件に関して、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。今後は「便利さ」「安さ」「楽しさ」の三拍子に加え、思わず手に取りたくなる「驚きのNEWS」がある商品を開発していくという。

「情熱価格」のピープルブランド宣言

ドン・キホーテのPB「情熱価格」の新ロゴ。

PB事業戦略本部の森谷健史本部長によると、新しいロゴにはドン・キホーテの「ド」および「度を越えた商品を開発する」という2重の意味を含んだカタカナの「ド」を採用。パッケージも、お客さまの驚きにつながるニュースを提案できるデザインとした。

「情熱価格」の中でも、特に強い自信を持って提案する商品を新たなブランドライン「ありえ値ぇ情熱価格」として展開。パッケージにも「ありえ値ぇ!」のロゴが入る。

PB「情熱価格」の新パッケージ。訴求ポイントがひと目で分かるようになった。

また、同社は顧客からの率直な意見を募集するためのダメ出し募集サイト「ダメ出しの殿堂」を同日に開設。「量が多すぎるから食べきれない」、「パッケージから商品がイメージ出来ない」など、顧客が感じたことを気軽に投稿できるサイトだ。森谷氏は「“最驚”(驚きのニュース)を生み続ける共創サイクルを実現するための中核を担うプラットフォームとして機能すれば」と期待を込めた。

Follow Us