起案して29時間でプロダクトローンチできた話

2日目「ひと目で分かるコロナワクチン接種状況」リリース。

「PRチームとしては、多くのユーザーが利用するサービスだからこそ、私たちは公共情報インフラである、と書きたいんです」「うーん。でも公共情報っていうと、自治体情報って意味になりませんか?原田さんが言いたいのはCommonの公共ですよね。公共情報とつなげて言うとOfficialっていう意味が出てしまう。公共には、Open, Common, Officialの3つの意味があるので、気をつけたいんです」「そうか、なるほど…では、公共性を担う使命を自覚して、はどうでしょうか」…公共性という言葉は、スマートニュースという会社の根幹に関わるものだけに、健さんも僕もめちゃくちゃ真剣。For the common good.は私たちのCore Valueの一つだ。そしてプレスリリースは、メディア向けはもちろん、社内に向けても、自分たちの活動の意味を感じる場所だと考えているので、なおさらである。

そして起案から29時間後の2月19日16時55分。Slackに、Shinnoさんからプロダクトローンチの報告がUPされた。“The JP-Covid19 Vaccination Progress Chart has developed in 29 hours from planning to release! I think this is very valuable. We are deeply grateful for your cooperation. (「ひと目で分かるコロナワクチン接種状況」が起案から29時間で開発されました!非常に価値のあることだと思います。皆さんのご協力に感謝します)” 。スマートニュースは日米でビジネスを展開しているが、プロダクトは一つ。だからプロダクト開発チームも日米ひとつで、コミュニケーションは英語ベースでやっている。僕も、時々英語が分からない時があるのだが、アメリカ人のメンバーが逆に日本語に訳してくれたりしてくれる。英語と日本語が飛び交う優しい空間なのである。

我々PRチームも追っかけで、プレスリリース完了を全社に知らせると「速!!!」「神!!!」と、プロダクトチームがめっちゃ盛り上がってくれた。何にもないところから、スピーディにキャッチボールしてプロダクトを作り上げるなんて初めての経験だったので、今回は一体感や熱狂感を半端なく感じた。そんなローンチで金曜日をしめて、週が明けて落ち着いたところで、プロダクトマネージャーのShinnoさん、肝心かなめのワクチン接種情報を扱ってくれたコンテンツチームのRyoさん、そしてPRの私で少し反省会っぽいものをした。

コロナワクチン接種状況が、グラフでひと目で分かる。まだ始まったばかり。常に改善中。

次ページ 「ミッションは「世界中の良質な情報を、必要な人に送り届ける」」へ続く

前のページ 次のページ
1 2 3
原田 朋(スマートニュース株式会社 社長室 エグゼクティブ・コミュニケーション&クリエイティブ・ディレクター)
原田 朋(スマートニュース株式会社 社長室 エグゼクティブ・コミュニケーション&クリエイティブ・ディレクター)

1996年博報堂入社、コピーライターからクリエイティブディレクターへ。2010年TBWA\HAKUHODOへ出向、2013年から1年間ロサンゼルスのTBWA\CHIAT\DAYに滞在しアドタイコラムを執筆。2016年quantumへ出向。2018年博報堂帰任。2020年12月より現職。企業広報・PRとブランディングの融合が強み。1999年日経広告賞グランプリ。2012年JAAAクリエイター・オブ・ザ・イヤーメダリスト。2013年日本PR大賞。2014年カンヌライオンズPR部門審査員。

原田 朋(スマートニュース株式会社 社長室 エグゼクティブ・コミュニケーション&クリエイティブ・ディレクター)

1996年博報堂入社、コピーライターからクリエイティブディレクターへ。2010年TBWA\HAKUHODOへ出向、2013年から1年間ロサンゼルスのTBWA\CHIAT\DAYに滞在しアドタイコラムを執筆。2016年quantumへ出向。2018年博報堂帰任。2020年12月より現職。企業広報・PRとブランディングの融合が強み。1999年日経広告賞グランプリ。2012年JAAAクリエイター・オブ・ザ・イヤーメダリスト。2013年日本PR大賞。2014年カンヌライオンズPR部門審査員。

この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

このコラムを読んだ方におススメのコラム