コラム

48歳のピボット・ターン 〜広告会社のCDが、テックベンチャーに入ったら〜

avatar

原田 朋(スマートニュース株式会社 社長室 エグゼクティブ・コミュニケーション&クリエイティブ・ディレクター)

1996年博報堂入社、コピーライターからクリエイティブディレクターへ。2010年TBWA\HAKUHODOへ出向、2013年から1年間ロサンゼルスのTBWA\CHIAT\DAYに滞在しアドタイコラムを執筆。2016年quantumへ出向。2018年博報堂帰任。2020年12月より現職。企業広報・PRとブランディングの融合が強み。1999年日経広告賞グランプリ。2012年JAAAクリエイター・オブ・ザ・イヤーメダリスト。2013年日本PR大賞。2014年カンヌライオンズPR部門審査員。


このコラムについて

2020年末に博報堂統合プラニング局から、スマートニュース社長室へ転職し、企業PR・企業ブランドを担うクリエイティブディレクター原田朋氏が、転職最初の数カ月を体験記として綴るコラム。広告会社で身に付けたクリエイティビティは、事業会社(それも、ユニコーンと呼ばれるテックベンチャー)でどう生きるのか? 事業会社に転職したCDにかけられる周囲の期待とは?広告会社/事業会社の両者の視点を備えることで見えてくることは?入社数カ月の新鮮な視点で、現在進行形でレポートします。 広告会社のCDが、事業会社の中に入りコミュニケーションやクリエイティブを担っていく流れは、数年前から顕著になっています。40代・50代のクリエイターにとっては、新しいキャリアパスのヒントになるはずです。