日本コカ・コーラ、アテンションデータの活用でCMのエンゲージメント向上に成功

share

より直感的なテレビデータ活用も可能に

最後に九鬼氏は今後TVISIONに期待することとして「事例ごと、素材ごとの分析は、手法を含め分かってきたので、ブランドに対する消費者のアテンション値を長期的なスパンで追いかけたいですね」と話した。

なお、同社のデータは高いカスタマイズ性ゆえに、使いこなすのが難しいとの声もあった。そこで2020年11月に新しく、テレビCMにおけるブランドのポジションを簡単にトラッキングできるツール「Telescope」をローンチ。

 
サマリーページでは、トラッキングしたいブランドカテゴリを選択すると、自社・競合含めた比較はもちろん、商品種別で分類したカテゴリの平均値との比較が可能。また、詳細トラッキングページでは、対象カテゴリの全ブランドの出稿量や視聴質データがグラフとデータで閲覧できる。郡谷氏は「これを導入すれば、GRP(延べ視聴率)とアテンションデータを同時に確認でき、KPIに活かすことができる。また、カテゴリ内の指定ブランドをすべて見ることができるので、競合他社のデータから出稿タイミングや量も策案できます」とアピールした。

「Telescope」はクライアントの声も反映しながら、テレビデータ分析のためのワンストップツールとして、クリエイティブ評価やメディアプランニング機能等、アップデートを重ねていく予定という。

「Telescope」のデモリクエストはこちらから



TVISION INSIGHTS
〒100-0004
東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル6階
TEL:03-6268-8056
MAIL:info@tvisioninsights.com
URL:https://tvisioninsights.co.jp/
 

Follow Us