プロ・フィッツ®と立命館大学の産学連携プロジェクト、学生がPR動画を制作

share

ピップ(大阪市)のスポーツケア用品ブランド「プロ・フィッツ」は6月14日、立命館大学との共同プロジェクトを発表。立命館大学の映像学部および男子陸上競技部 長距離ブロックに所属する有志学生とともに、PR動画制作を行った。

疲労の軽減をサポートするコンプレッションタイツ「プロ・フィッツ スポーツテックタイツ」を題材としたPR動画を制作。同商品を着用し、競技に邁進する陸上競技部のメンバーを描いた。

同社では、これまでも学生と共に製品開発を行うなど、実践学習の機会を提供してきた。今回、立命館側の「学生に視野を広げる機会を提供したい」という想いに共鳴し、大学陸上界で関西の強豪校として知られている同学と、「スポーツを楽しむすべての人からケガや疲労の不安を取り除き、“スポやか”に生きる未来に寄り添う」ことをコンセプトに掲げるプロ・フィッツのコラボレーションが実現した。

*スポやかとは「スポーツ」と「健やか」を組み合わせた造語

2021年1月~5月にかけて行われた本プロジェクト。動画制作を行うにあたり、プロ・フィッツ担当者より市場環境やターゲット設定など、マーケティングに関する講義をオンラインで実施した。参加学生はその講義内容を踏まえ、「関西の学生に対し、プロ・フィッツ スポーツテックタイツの使用意向を高めること」を目的とし動画を制作。

動画の構成から撮影・編集まですべて学生が行い、制作した動画は立命館大学男子陸上競技部 長距離ブロックのオウンドメディアでも配信。その後、配信の結果を分析し、配信方法の改善を行った。動画を制作するだけではなく、配信、消費者反応の可視化および結果分析までをプログラムに組み込むことで、マーケティングをより深く学び、実践する機会の創出を狙った。

参加学生からは、「企画から制作までではなく、より視聴数を伸ばすためにはどうしたら良いかまで考えることは自分にとって大きな経験だった。(映像学部)」「映像学部以外の学生と関わる機会がないので、他学部・部活の方と関われて良かった。(映像学部)」「自分たちの考えや想いがPR動画という形となり、達成感や周囲を巻き込んで物事を進めていくことの面白さを学ぶことができた。(男子陸上競技部)」など、普段経験できないことへの興味や、マーケティングの深い学びにつながったとの声が聞かれた。

プロジェクトメイキング・PR映像。「立命館大学 男子陸上競技部長距離ブロック」の公式YouTubeアカウントで公開。

Follow Us