コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

役づくりのために、「一人暮らし」はじめてみました。(ゲスト:見上愛)【後編】

share

趣味としてバレエに再挑戦!「権八さんもぜひ…」?

権八:最近、バレエをはじめたんですか?

見上:またはじめました。

澤本:“また”っていうことは、ずっとやっていらっしゃった?

見上:3歳から17歳くらいまでやっていて。でも、前屈もついたことのないくらいの、おちゃらけバレエというか。「バレエやっています」って言えないレベルでやっていたので。

澤本:でも、3歳から17歳までの14年間おちゃらけたって大したもんだね。

見上:よくおちゃらけさせてくれたなって、先生に感謝ですね。

権八:なんでまた、バレエをやろうとなったんですか?

見上:運動とかは続かなくて。バレエだったらレッスンなので、仕事とか入らない限り「行きます」って言ったら、今日休んじゃおうとかできないじゃないですか。そうすれば運動できるんじゃないかって、はじめました。

権八:じゃあ、小さい頃から行っていたところに、また。

見上:そうです。もう一回戻って、中学生とかと一緒にやっています。

権八:面白い。

見上:もう、ギャーギャー言いながら。

権八:結構大きなスクールなんですか?

見上:全然です。地元の子しかいなくて。私たちの代からはじまったバレエスクールで、通っているみんなもバレリーナになりたいとかではなくて、ちょっと楽しみましょうってやっています。

澤本:面白いね。バレエはこれから先もずっとやっていく感じ?

見上:そうですね。週1回行けたらいいなくらいに。良い趣味だなと思っていて、ずっと続けたいです。

権八:でも、「趣味・バレエ」って大人になるといないよね。

見上:そうなんですよ。小さいときにやってましたとかは聞くんですけど。

権八:そうそう。

見上:でも、大人になってからの方が楽しいです、バレエ。

一同:へ~。

見上:小さいときはとにかく一生懸命で、できないとつらかったりするんですけど、今は体のメンテナンスのためとか、自分が楽しむためって割り切れるので。

権八:そうなんだ。

見上:すごい楽しいですよ。

澤本:身体能力も、表現能力のひとつだからね。バレエとかやっていると、何でもできちゃいそうですけど。

見上:アクションをやったときは、バレエやっていてよかったなと思いました。振り付けみたいに覚えられるので。

出演させていただいた『GENERATIONS』さんのミュージックビデオがワンカットで、そのカウントの取り方とか。バレエやっていてよかったなと。

権八:なるほど。

見上:オススメです、バレエ。ぜひ。

権八:いや、俺がやっていたら……。

一同:あはははは。

次ページ 「孤独な女の子を演じるために始めたのは、まさかの「一人暮らし」だった」へ続く

Follow Us