「17LIVE」グローバルで初のブランド統一 ライブの価値を伝えるムービー

share

ライブ配信アプリを提供する17LIVE(ワンセブンライブ)が10月、ブランドムービー「人生は、いつもライブだ。」(45秒)を公開した。同社は9月にグローバルでブランドを統一し、新たな企業ロゴを発表したばかり。日本語版のほか英語・中国語のバージョンもあり、日本国内ではテレビCM(15秒・30秒)も放映している。演出は関根光才氏によるものだ。

 
ムービーでは疾走感あるカメラワークで、ライブ配信を楽しむさまざまな属性の人たちが描かれる。ダンスや歌、スケートボード、スカイダイビングなどを披露する人だけでなく、日常の食事やゲームに興じている人の姿も。あらゆるシーンに共通して登場する、17LIVEの赤いロゴも印象的だ。終盤にはネオンのように街中に赤いロゴがあふれ、「たった一度しか起こらない、編集されていないライブの瞬間があらゆる場所にある」と暗に伝えている。

 
「新しいロゴはスタジオなどでライブ(放映)中であることを示す“ON AIR”のマークがモチーフ。BGMや英詞もオリジナルで、17LIVEの新たなミッションステートメントである“『ライブ』テクノロジーを通して、人と人のつながりを豊かにすること。”を表現した世界観になっています」とブランドマネージャー 田中康太氏は説明する。

台湾でスタートしたサービスだが、9月には本社を日本へ移管した。現在、日本と台湾のほか香港、アメリカなどで事業展開しており、登録者数は全世界で5000万にのぼる。今回のムービーは同社初となるグローバル共通のブランド展開でもあり、電通とともにリブランディングのプロジェクトが進められた。ブランドムービーの企画制作もその一環で、電通、AOI Pro.が手がけている。

「新たなミッションステートメントを可視化し、グローバルで伝わる内容であることが重要でした。加えて、ライブ配信は才能のある特別な人向けだけのものではない。17LIVEは日常のすべての瞬間に寄り添い、楽しくて気持ちが高まるプラットフォームであるとエモーショナルな部分も伝えることができる内容にしてほしい、とお願いしました」(田中氏)。

今後の課題は、国内外でライブ配信というエンターテインメント自体の裾野を広げ、よりポジティブなイメージを増幅させていくこと。そのために田中氏が所属するブランドチームも2020年末に立ち上げたばかりだ。「ユーザーとのあらゆる接点のイメージを統一し、17LIVEのブランドエッセンスをグローバルで定着させていきたい」(田中氏)と展望を語っている。
 

スタッフリスト

企画制作
電通+AOI Pro.+TREE Digital Studio
ECD
奥野圭亮
CD
北田有一
CD+AD
河合雄流
デジタルディレクター
和泉興
ストラテジーディレクター
奥村誠浩
企画
礒部建多、小西慶
C
木下舞耶、小林麻里奈
CPr
島朋子
Pr
佐々木竜真、加藤久哉、田村香織
PM
八木田夏実、鈴木彩花、櫻屋優志
演出
関根光才
撮影
光岡兵庫
照明
溝口知
美術
柳町建夫
CG
山田悠生
編集
瀬谷さくら(オフライン)、木村仁(オンライン)
カラリスト
亀井俊貴
音楽
松宮聖也
MIX
清水天務仁
SE
柳原利正
CAS
堀内みずき、及川恵
ST
Remi Takenouch
HM
EBARA
CRD
下河原阿理
車両
ケトル
NA
佐藤栞菜

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us