デジタルネイティブの消費活動を分析 CCCとifsが共同発表へ

share

CCCマーケティングと伊藤忠ファッションシステムは共同で、消費行動を研究、分析するプロジェクト「ユニークデータ×ifsオリジナル世代論プロジェクト」を開始した。第一弾として、1987年〜2000年生まれを中心とした「デジタルネイティブ世代」の消費行動について分析したという。12月2日開催のオンラインセミナーで発表する。両社は今後、企業のマーケティング活動上の課題解決支援に向けて取り組む。

分析結果は12月2日のオンラインセミナーで発表する。参加は無料

CCCマーケティングの社内シンクタンク「CCCマーケティング総合研究所」と、伊藤忠ファッションシステムのリサーチ機関「ifsナレッジ開発室」が協業する。インターネットなどのデジタル環境の中で育ってきた、いわゆるデジタルネイティブ世代を、「ハナコジュニア世代(87〜91年生まれ)」「LINE世代(92~96年生まれ)」「インスタ世代(97~2000年生まれ)」の3つに区分。ライフスタイル、ファッション、美容、お酒に対する価値観と消費行動の特徴を明らかにし、それぞれをターゲットとした場合のアプローチの要点について発表する。

独自の世代区分として、デジタルネイティブ世代を「ハナコジュニア世代」「LINE世代」「インスタ世代」の3つに区分。それぞれの消費行動について分析した

分析は、CCCグループの共通ポイント基盤「T会員」のデータをベースに、ifsナレッジ開発室が蓄積してきた知見をかけ合わせ、定量、定性の両側面から導き出したもの。セミナー後には分析結果の詳細を販売する。

両社は今後、共同で、企業の商品開発や販売促進などのマーケティング業務支援に取り組むという。

 



オンラインセミナーへの申し込み・問い合わせ先
以下のリンクより、必要事項を記入の上、お申込みください
URL:https://www.cccmk.co.jp/thinktanks/webinar-5

Follow Us