スターバックスが環境負荷低減型の新店舗を皇居外苑 和田倉噴水公園店にオープン

share

スターバックス コーヒー ジャパンは12月1日、環境省が管理する皇居外苑 和田倉噴水公園に「スターバックス コーヒー 皇居外苑 和田倉噴水公園店」をグランドオープンする。本店舗はスターバックスが、世界自然保護基金(WWF)と共同策定した、環境に配慮した店舗のための国際認証「Greener Stores Framework」を取得した日本の1号店となる。同社ではリソースポジティブカンパニーとして「2030年までにCO2排出量、水使用量、廃棄物量の50%削減の達成」を掲げており、その取り組みの一環。

今後、環境負荷低減を図るための実証実験を行う拠点として、店舗から出る廃棄物量の約40%の削減などを目指すとしている。廃棄物量の削減に際しては使い捨て資材を極力、使用しないことを目指し、持ち帰り時には繰り返し使えるカップの利用を推奨。店内利用ではリユースできるドリンクウェアで提供される。また店内デザインにもリサイクル素材が積極的に使われているほか、什器にはキャンバスや漁網のアートなどが素材として使われている。

国産材100%の家具や間伐材を使った什器を導入した店内。直して長く使い続けることのできる素材を選んでいる。

Follow Us