松平健、マツベンを買う。松屋がマツケンサンバで10年ぶりテレビCMの裏側

share

「登場感」と「リアリティ」を重視

「オーレ~~オ~レ~~(ジャカジャカジャン!)マツベンサンバ~♪」と、「マツケン」ならぬ「マツベン」サンバを踊りながら坂を上ってくる松平健さん。その手には、松弁(松屋のお弁当)が。どうやら松弁をテイクアウトし、踊ってしまうほど嬉しい様子だ。坂を上るにつれて、松平さんの後ろには同じく松弁を手にした小学生やシニアカーに乗ったおばあちゃん、さらにバスツアーの御一行、ラグビー選手、ドローンにヘリコプターまで……が続いていたことが明らかに。人々が松弁をテイクアウトし、楽しみに帰る様子をにぎやかに描いた。

松屋フーズ/松屋「みんなの!マツベンサンバ」篇。

松屋がテレビCMを放映するのは、10年ぶり。今回の CM はオンライン弁当予約サービス「松弁ネット」を使用することで、待たずに「松弁」をテイクアウトできることを訴求するものだ。

演出は渋江修平さん。「企画の時点で、松弁をテイクアウトしてワクワクしながら帰る人々を描くこと、松平健さんを起用して“マツベンサンバ”をやることなど、基本の要素は決まっていました。演出の際に大切にしたのは、10 年ぶりのCMのため登場感を出すことと、できるだけリアリティをもって描くことです」と説明する。

絵コンテ。

“出オチ”感を無くして展開をつけるため、当初は平らだった道をじわじわと人の姿が見えてくる上り坂に。キャストの人数も、当初の予定より倍以上に増やした。働く人々が松弁を取り合う様子やラグビー選手が駆け抜ける様子など、キャストごとに動きをディレクションしている。

坂を上るシーンの途中、松平さんが店頭で松弁を受け取る様子がカットインするが、その様子はどこか恥ずかし気。「もし“マツケン”が店頭受け取りをするとしたら、ギラギラですし、ちょっと恥ずかしがられるんじゃないかなと思って(笑)。松平さんは快く演じ切ってくださいました」。 カメラワークもリアリティを重視。「真正面から撮ると押しつけがましくなり、面白みが減ると思いました。だから位置も正面からは少し外し、カメラも手振れ感を出して“目撃してしまった感”を意識しています」。

CMのラスト、曲は「マツベンサンバ」の「マツベン」の部分で終わるつくりに。全体的にインパクトの強いCMでも、視聴者にきちんと商品名が残るよう工夫を施した。
 

渋江修平(しぶえ・しゅうへい)

長崎県出身。インパクト&エンターテインメントを心がけ、CM、ドラマ、MVの演出を手がける映像ディレクター。近年の監督作に、満島ひかり主演「突撃!南島原情報局(神回)」など。ACC グランプリゴールド、ショートショートフィルムフェスティバル2021 BRANDED SHORTS 最高賞受賞、K-ADCアワード 2021 映像部門大賞。

 

スタッフリスト

企画制作
電通+スプーン
CD
満吉昌弥
企画+C
茂庭竜太、辻健太郎
AD
井本善之
CPr
山口真由美
Pr
古田哲也、小松圭介
PM
宮下誠、佐藤秋香、山下真太郎
演出
渋江修平
撮影
新出一真
照明
前島祐樹
美術
松永桂子
編集
市原賢治(オフライン)、君塚紀貴(オンライン)
音楽
戸波和義
ST
BABYMIX
HM
新宮利彦
CAS
高久明子
AE
北川誠、川嵜容弘、内野蓉子
出演
松平健

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us