【質問】現役中高生からコピーライターへ。「言葉選びで気をつけていることは?」

share

月刊『宣伝会議』4月号(3月1日)発売にて、受賞者が発表になる第6回「宣伝会議賞」中高生部門。その発表に先立ち、現在発売中の『宣伝会議』3月号では前回の中高生部門の受賞者2人と当部門審査員長でコピーライターの阿部広太郎氏による座談会を実施しました。

▶︎現役中高生と阿部広太郎さんが語る、広告コピーの魅力は「答え」がひとつじゃないこと

ここでは、誌面に入りきらなかった現役中高生2人から阿部氏への質問とその回答を紹介します。

 

登壇者

 

グランプリ 秀平さんからの質問「言葉選びで気をつけていることは?」

Q.
コピーのような短い言葉だと、自分の意図と異なって伝わってしまうこともあるかと思います。阿部さんが言葉選びで気をつけていることは何ですか(秀平さん)?

A.
言葉は不完全なもの。広告の仕事でどれだけ経験を積んでも、うまく伝わっていないと感じることは多々あります。でも、うまく伝わらないのはダメなことではないはずです。そこが新たなスタートライン。誤解を解くために自分の意図や気持ちを諦めずに伝え直すこと。大切なのはリカバリーなのかなと思います(阿部氏)。
 


 

ゴールド 佐藤さんからの質問「締切がある中でもよい作品をつくるには?」

Q.
締切という制限時間がある中でも、よい作品に仕上げるにはどうすればよいのでしょうか(佐藤さん)?

A.
締切が近づくほど「本当にこれでよいのか」「もっとよいのが書ける」と自分の中で熱くなって、ぎりぎりになって完成したものが結果的に輝いていたりしますよね。きっとこれは、締切がなかったら発揮できないパフォーマンスだと思います。もちろん締切を重荷に感じることはありますが、「やり切った!」と感じられるのもまた、締切があるからだと思っています。
 

阿部氏、秀平さん、佐藤さんによる座談会は、月刊『宣伝会議』3月号にて掲載しています。
▶︎現役中高生と阿部広太郎さんが語る、広告コピーの魅力は「答え」がひとつじゃないこと

※月刊『宣伝会議』3月号は現在、多くのオンライン書店で売り切れとなっております。
ご不便をおかけしますが、お近くの書店様にてお買い求めくださいませ。
 

月刊『宣伝会議』3月号

 

▼特集1
安さ追求はどこまで必要?
今こそ見直す価格戦略
 

・「高い?」「安い?」あなたの感覚は?
ヒットした!あの商品の「お値段」一覧

・キーワードは「メリハリ消費」
データで読む、買い物の変化

・昨年は「値上げ元年」だった?
アキダイ、秋葉社長が語る価格変動のいま

・加速する超・高関与型消費
推し活ユーザーの心理とは? etc.

 
▼特別企画
第59回「宣伝会議賞」一次審査通過者発表
 
▼特集2
業界あげて進むDXの取り組み
最新・テレビCMの効果的活用
 
▼特集3
マーケター、クリエイターに聞く!
消費者インサイトに迫る「私の実践論」
 
※こちらは月刊『宣伝会議』2022年3月号の一部を掲載しております。
現在、多くのオンライン書店で売り切れとなっております。
ご不便をおかけしますが、お近くの書店様にてお買い求めくださいませ。
 

Follow Us