「伊右衛門」バラでラベルレス 水色を特徴に差別化

share

サントリー食品インターナショナルは3月1日、1本単位で販売できるラベルレスの緑茶飲料「伊右衛門」を発売すると発表した。スーパーやドラッグストア、ホームセンターなどで数量限定で販売する。

ペットボトルは全数リサイクル素材だという

「伊右衛門」自体のリニューアルに伴い、商品特徴の緑茶の水色をアピールする。ボトル自体に「伊右衛門」ロゴのほか、招き猫や狛犬、鶴といった縁起物のモチーフを刻印している。法定表示はPOPシールに記して貼ることで、1本ずつ販売できるようにした。

「伊右衛門」の2021年販売数量(出荷ベース)は前年比106%の5900万ケースだった。22年は同比106%の6250万ケースを目指す。「伊右衛門 濃い味」や「京都ブレンド」も強化する。

ラベルレスのペットボトル製品は、必要な食品表示を外箱に記載してまとめ売りをするケースが少なくなく、量販店やネット通販をチャネルとして活用することが多い。

富士経済は昨年9月、2021年はラベルレス飲料が前年比2.4倍の205億円となる推計を発表した。20年も前年比4.6倍で急成長している。ラベルレスはパッケージ上の差別化が難しいとされるが、「伊右衛門」は水色をブランドのシンボルとして前面に押し出すことで、課題解決を図る。


 

Follow Us