スパイクスアジア2022受賞作発表、4部門で日本関連作品がグランプリ

share

3月3日、アジア最大の広告賞である「スパイクスアジア2022(Spikes Asia Festival of Creativity)」の受賞作が発表となった。24部門に、アジアパシフィック地域を中心とする国々から3036点の応募が集まり、ショートリストには625点が選出。うち257点がブロンズ以上の受賞となった。

日本関連作品からはグランプリ4点を含む22点(グランプリ4、ゴールド2、シルバー15、ブロンズ6 ※複数受賞含む)が受賞した。

グランプリを受賞したのは「TUNA SCOPE 2021」「YAKUSHIMA TREASURE ANOTHER LIVE from YAKUSHIMA」「VSシリーズ」「#PrideHair」。なお、うち「VSシリーズ」は日本とシンガポールの合作。

またスペシャルアワーズにおいては、「ネットワーク・オブ・ザ・イヤー」で電通が第2位に。10の「Agency of the Year by Market」のひとつにGrey Tokyoが選出された。

日本関連の受賞作品は下記の通り。

グランプリ

■クリエイティブデータ部門
「TUNA SCOPE 2021」(双日)
○企画制作/電通+電通クリエーティブX+電通関西支社+電通ライブ+電通国際情報サービス+クウジット

マグロの味や鮮度、食感などの「目利き」ができる職人の後継者不足を背景に、世界中のだれもが目利きできるようにAIに受け継ぐプロジェクト。「TUNA SCOPE」によって目利きがされたマグロは、実際に国内のくら寿司461店舗で提供された。現在は中国やニューヨーク、シンガポールなどでも使用されている。2021年時点で、「TUNA SCOPE」によって選ばれたマグロは、世界の479店で取引され、100トン以上を売り上げている。

 

■デジタルクラフト部門
「YAKUSHIMA TREASURE ANOTHER LIVE from YAKUSHIMA」(YAKUSHIMA TREASURE)※フィルムクラフト部門でシルバーも同時受賞
○企画制作/電通クリエーティブX+Dentsu Craft Tokyo

コムアイとオオルタイチによるプロジェクト“YAKUSHIMA TREASURE”。彼らと映像作家 の辻川幸一郎とDentsu Craft Tokyoがコラボレーションして制作された映像作品が『YAKUSHIMA TREASURE ANOTHER LIVE from YAKUSHIMA』だ。屋久島・ガジュマルの森にて実施した “YAKUSHIMA TREASURE”による一発録りのライブパフォーマンスを、360°の3D点群データとして空間ごとスキャンしたほか、サラウンド音響を360°マイクで立体的に収録。現場の空間データや音像データを収集し再構築した。

 

■メディア部門
「VSシリーズ」(SK-II)※同部門シルバーも受賞
○企画制作/MediaCom(シンガポール) +Grey Tokyo+C3Film+Eclectic Sounds +Imaginary Forces+Passion Pictures+Platige Image

SK-IIのフィルムスタジオ「SKⅡ STUDIO」による制作。世界の6組の女性のトップアスリートが「アンチ(SNS上での誹謗中傷)」「プレッシャー(周囲からの圧力から芽生える自分への疑い)」「ルックス(外見偏重による決めつけ)」「(美しさの)ルール」「(人から決めつけられた)リミット」「マシーン(完璧さを追求するがゆえに立ちはだかる困難)」に挑む映像シリーズ。女性の目標達成を阻む悪しき存在を怪獣として表現した。体操のシモーネ・バイルズ選手をタイムズスクエアに招いてを発表し、日本や中国でのプレミア上映会を開催。視聴者の99%がポジティブな反応を示し、セールスも11ポイント上昇したという。

 

■ソーシャル&インフルエンサー部門
「#PrideHair」(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン「PANTENE」)※Glass: The Award For Change部門のGlass Spikeも同時受賞
○企画制作/Grey Tokyo+TYO drive

LGBTQ+の人々が、自分らしさを表現できる就職活動について考える「#PrideHair」プロジェクト。LGBTQ+の元就活生の体験談を映像化し、CM、新聞広告、Webムービーなどとして展開した。映像は公開後1週間で2000万回以上再生された。またダイバーシティに配慮した美容室が増やすために、ヘアサロン向けLGBTQ+フレンドリーマニュアルの作成・普及や、プロジェクトに賛同するサロンを全国に広める活動を実施。

 

ゴールド

■ブランドエクスペリエンス&アクティベーション部門
「Hi Toilet」(日本財団)
○企画制作/TBWA\HAKUHODO+久保都島建築設計事務所+Birdman

 

■アウトドア部門
「3D巨大猫」(クロススペース)
○企画制作/オムニバス・ジャパン

 

シルバー

■デジタルクラフト部門
「amazarashi Online Live 末法独唱 雨天決行」(ソニー・ミュージックエンタテインメント)
○企画制作/SIX+博報堂ケトル+博報堂+aircord+トランジスタ・スタジオVIXI

「バーチャル渋谷」(au by KDDI, 渋谷未来デザイン)
○企画制作/ジオメトリー・オグルヴィ・ジャパン+クラスター

■ダイレクト部門
「ECOLATE」(LIFULL「Earth Cuisine」)
○企画制作/LIFULL+ AOI Pro.+peak+Social KitchenTORANOMON+フーズカカオ

■フィルムクラフト部門
「Because We Are Strange Creatures」(films.dance+Jacob Jonas The Company)※日米の合作
○企画制作/Jacob Banks+Jacob Jonas The Company +太陽企画

「でも君が見えた」篇(大塚製薬「ポカリスエット」)
○企画制作/電通+スプーン

■フィルム部門
「8つの味」篇(日清食品「カップヌードル」)
○企画制作/電通関西支社+ソーダコミュニケーションズ

■ヘルスケア部門
「POCKET SOAP」(ドリームズ)
○企画制作/TBWA\HAKUHODO+AOI Pro.+CAVIAR+博報堂プロダクツ+JITTO +メロディー・パンチ

■メディア部門 ・ソーシャル&インフルエンサー部門
「CENTER LANE」(SK-II)※日本とシンガポールの合作
○企画制作/MediaCom(シンガポール)+Grey Tokyo+BLUE ONE+ENNET

■モバイル部門・音楽部門
「Pale Blue Letter」(ソニー・ミュージックレーベルズ+REISSUE RECORDS 米津玄師「Pale Blue」)※デジタルクラフト部門のブロンズ同時受賞
○企画制作/SIX+博報堂プロダクツ+博報堂

「LIVE SIGN.」(LIVE SIGN.)
○企画制作/電通+BASSDRUM+WTFC

■プリント&パブリッシング部門
「レシートは、希望のリストになった。」(そごう・西武)
○企画制作/フロンテッジ

ブロンズ

■デザイン部門
「海老づくし」(桂新堂)
○企画制作/桂新堂+MITAI+55+くさび

■デジタルクラフト部門
「LIONS GOOD NEWS 2020」(日本経済新聞社)
○企画制作/電通PRコンサルティング+電通+ピラミッドフィルムクアドラ+ピラミッドフィルム+ロックンロール・ジャパン+SHIFTBRAIN+SPLUCK

■フィルムクラフト部門
「HAIR ALBUM」(タカラベルモント)
○企画制作/博報堂+太陽企画

■プリント&パブリッシング部門
「核兵器が存在している以上、それが使われるリスクも存在しています。」(長崎新聞社)
○企画制作/電通+プラグ

■ソーシャル&インフルエンサー部門
「THE ZOOm by Zoom」(森永乳業「マウントレーニア)
○企画制作/博報堂+博報堂プロダクツ

Follow Us