稲垣吾郎がノンアルワインを豊かに注ぐCM「この気持ち、とってもワインだよ。」

share

 
サントリーワインインターナショナルは3月1日、ノンアルコールブランドの新商品「ノンアルでワインの休日」(赤・白2種)の発売に合わせ、テレビCM「ノンアルソムリエ」篇を公開した。稲垣吾郎がイメージキャラクターを務めている。

描かれているのは、夕暮れ時のバルコニーでの夫婦のひと時。稲垣さんが「ノンアルでワインの休日」の缶をプシュッと開け、トーション(ナプキン)を片手にグラスに丁寧に注ぐ。そして「…2022年モノです」と一言。「…バカ」と妻がほほ笑み、「この気持ち、とってもワインだよ。」というコピーで締めくくられる。

CM楽曲には夏木マリさんによる『さくらんぼの実る頃(LE TEMPS DES CERISES)』を採用した。

「ノンアルソムリエ」篇。

本CMを手がけた博報堂 CMプランナー 吉兼啓介氏によると、ノンアルコール市場にも「豊かなモノ」があることを体現すべく「豊かなCM」を目指した。そのこだわりは、稲垣さんがノンアルワインをグラスに注ぐシーンでも表現されている。


「『豊かなCM』を目指し、まずは『豊かな注ぎ』から考えました。稲垣さんが瓶のワインを注ぐかのように、缶の底を持ってゆっくり注ぐカット。今までにない注ぎカットだから、単純に商品が目立って見えるし、見た人もマネしてくれるといいなと。また参考として見た1980年代のCMでは、その言葉数の少なさに驚きました。今のCMは多くを語りすぎていて説明的な印象を受けますが、今回はセリフを減らして余白と余韻をつくろうと決めました。ワインを飲む時の気持ちや、豊かな夫婦関係をできるだけCMで表現できるように心がけたつもりです」(吉兼氏)。

 
「ノンアルでワインの休日」は、ノンアルコール飲料市場の拡大を背景に、「種類の拡充」「おいしさの追求」を目指して開発された。パッケージは、「ノンアルで」「0.00%」といった表記でノンアルコール飲料であることを明示しつつ、白の背景で上質さを、ぶどうやスパークリングワインのイラストでワインらしさを感じられるデザインに仕上げたという。

また3月2日からは、店頭でのポスターの掲出も開始している。

 

スタッフリスト

企画制作
博報堂+螢光TOKYO+HASHI+株式会社 国井美果+東北新社
CD
岡ゆかり、前田康二
プロジェクトマネージャー
貫井直香
戦略CD
橋田和明
C
国井美果
企画
吉兼啓介
AD
市田啓幸
ビジネスデザイナー
伊藤俊介、松隈太翔
Pr
上家浩司、味方優介
PM
富塚新之助
演出
中江和仁
撮影
笠松則通
照明
渡邊孝一
美術
今泉美由樹
装飾
酒井千裕
シズル
味方俊哉
編集
中島安奈(オフライン)、詫間浩太(オンライン)
MIX
小林拓児
音楽
山田勝也
夏木マリ
フードST
奥村まどか
ST
祐真朋樹(稲垣)、柚木一樹(原田)
HM
金田順子
出演
稲垣吾郎、原田佳奈

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us