『ONE PIECE』ルフィが受付に!「AIルフィ」実証実験スタート

share

セコムとディー・エヌ・エーは、集英社と東映アニメーション協力のもと、人気漫画・アニメ『ONE PIECE』の主人公ルフィが「AIルフィ」として受付業務をおこなう実証実験を、3月24日から4月15日に集英社のオフィスにて実施する。

©尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

本実証実験はセコムが提供する「バーチャル警備システム」を活用した取り組み。
「バーチャル警備システム」は、ディスプレイ一体型ミラー上に3Dモデルとして表示したバーチャルキャラクター「バーチャル警備員」が常駐警備サービスを提供するセキュリティシステムだ。

今回は『ONE PIECE』の主人公ルフィが「AIルフィ」となり、来訪者に検温を促す挨拶や道案内などを行う。
来訪者が近づく、話しかけるなどすると、ルフィのイメージに合わせた動きと合成音声で応答。学習データをもとにAIが自然な発話を実現する。
音声合成のほか、人物検出・音声認識・対話ロジックにおいてAIを活用しているため、日々の運用の中で会話のバリエーションを府や足、受付応対の品質を向上させることができる。

3月24日から4月15日の実証実験では、新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、一般公開は行っていないが、一般向けの実証実験を今夏に行う予定だという。

集英社のオフィスで受付業務をおこなう「AIルフィ」。実証実験によりキャラクターAIのシステム開発や事業化に向けた課題を洗い出す。


Follow Us