『ACC 日本のクリエイティビティ2021』発売、THE FIRST TAKEほか「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」入賞作品を収録

share

新刊書籍『ACC 日本のクリエイティビティ2021』(編集:一般社団法人 ACC)が、3月31日に全国の有力書店とオンライン書店で発売となります。

本書は、2021年10月に発表となった「2021 61st ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」全入賞作品を収録した年鑑です。

「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」は、1961年に創設された「ACC CM FESTIVAL」を前身とし、2017年よりあらゆる領域におけるクリエイティブを対象としたアワードにリニューアル。現在、7部門を擁し、国内で最も規模が大きく、権威のあるアワードのひとつとして知られています。本年度は、10作品がグランプリを受賞。中でも2021年にメディアやSNSで多くの話題を集めたTHE FIRST TAKEは、4つのグランプリを受賞しました(各部門のグランプリは下記をご参照ください)。

本年鑑には、応募総数2,348本の中から選ばれたグランプリ、ゴールド、シルバー、ブロンズ、ファイナリスト、全365作品(シリーズの場合、1作品番号で複数の作品掲載)を収録しています。また、各部門の審査委員による講評をはじめ、入賞作品のメインビジュアルやスタッフリストを掲載。さらに受賞作品に関連した、下記のコンテンツを読むことができます。

・入賞したテレビCM、オンラインムービー、ラジオCMのスクリプト
(フィルム部門テレビCM 地域ファイナリストをのぞく)
・審査委員の講評、および審査委員が選んだ1本を紹介する「This One」
・各部門グランプリ受賞作品、およびフィルム部門・ラジオ&オーディオ部門ゴールド受賞作品の制作者が、制作背景やクリエイティブで注力した部分などを綴った寄稿文「制作者に聞く」。
・マーケティング・エフェクティブネス部門、ブランデッド・コミュニケーション部門、デザイン部門、メディアクリエイティブ部門では、各入賞作品の課題・実施したクリエイティブ・結果あるいは効果などを掲載。
・クリエイティブイノベーション部門では、エントリー作品の概要、イノベーションやクリエイティブが発揮された点を掲載。

本年度の年鑑のアートディレクションは、塚本康太氏をはじめとするADKクリエイティブ・ワンの制作チームが担当しました。2021年という特別な一年に生まれたすべての表現、そしてすべての制作者に敬意を込めて、さらにこの1年の空気感を残すべく、闘い続けたクリエイターたちの想いを写真と言葉で表現しています。表紙に始まり、最後の扉までに書かれたコピーを読むと、一つのメッセージが浮かびあがってきます。

本年鑑はクリエイティブのアーカイブとしてはもちろんですが、今の時代のクリエイティブの潮流をつかむコンテンツとして役立ちます。また企画立案時、あるいはスタッフや協力会社を探す際の参考資料としてもご活用いただけます。

『ACC日本のクリエイティビティ2021』
一般社団法人ACC編集
定価:19,800円(本体価格+税10 %)
ISBN:978-4‐88335‐541‐9

年鑑表紙・カバー・扉のアートディレクション

企画制作
ADKクリエイティブ・ワン
CD+AD
塚本康太
C
三井明子
AD
山本武志、齋藤正和
D
今野翔太、水本真帆
Photo
舛本晋一、井上佐由紀
レタッチ
中村洋平

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

 
参考:2021 61st ACC TOKYO CREATIVITY AWARD グランプリ受賞作品
(広告主名/商品名/作品名)

【フィルム部門】

Aカテゴリー(テレビCM)
大塚製薬/カロリーメイト「見えないもの」篇(120秒)
広告会社:博報堂/catch/ENOAD
制作会社:AOI Pro.

Bカテゴリー(Online Film)
THE FIRST TAKE/THE FIRST TAKE「LiSA/紅蓮華、北村匠海/猫、YOASOBI/群青、菅田将暉/虹、アイナジエンド/オーケストラ、KANA-BOON/ないものねだり、橋本愛/木綿のハンカチーフ」(331、334、362、326、447、344、354秒)
広告会社:TBWA\HAKUHODO
制作会社:TYO MONSTER

【ラジオ&オーディオ広告部門】

大日本除虫菊/虫コナーズ/虫コナーズで名言を 夏が来る、虫コナーズで名言を 換気とセット、虫コナーズで名言を だけなんだよ、虫コナーズで名言を 去年のあなた、虫コナーズで名言を 正直さ、虫コナーズで名言を みなはれ(各60秒)
広告会社:電通 関西支社
制作会社:ヒッツコーポレーション

【マーケティング・エフェクティブネス部門】

THE FIRST TAKE/THE FIRST TAKE
広告会社:TBWA\HAKUHODO
制作会社:TYO MONSTER

【ブランデッド・コミュニケーション部門】

Aカテゴリー(デジタル・エクスペリエンス)
ポーラ/POLA 2029年ビジョン/POLA 2029年ビジョン
広告会社:ライトパブリシティ/もり
制作会社:浅葉克己デザイン室/マウント

Bカテゴリー(プロモーション/アクティベーション)
大王製紙/アテント/アテント
広告会社:電通
制作会社:ギークピクチュアズ

Cカテゴリー(PR)
該当なし

Dカテゴリー(ソーシャル・インフルーエンス)
THE FIRST TAKE/THE FIRST TAKE/THE FIRST TAKE
広告会社:TBWA\HAKUHODO
制作会社:TYO MONSTER

【デザイン部門】

QDレーザ/RETISSA SUPER CAPTURE/With My Eyes
広告会社:電通
制作会社:AOI Pro./イニシャル

【メディアクリエイティブ部門】

タイトル:THE FIRST TAKE
媒体社 :THE FIRST TAKE
広告会社:TBWA\HAKUHODO
制作会社:TYO MONSTER

【クリエイティブイノベーション部門】

応募団体 :国土交通省
タイトル :3D都市モデル整備・活用・オープンデータプロジェクト“PLATEAU(プラトー)”
カテゴリー:プロダクト&サービス


Follow Us